B_1 Storageの多和圭三展を見る

 東京神宮前のB_1 Storageで多和圭三展「奥遠く」が開かれている(6月15日まで)。多和は1952年愛媛県生まれ、1978年日本大学芸術学部美術学科彫刻専攻卒業、1980年日本大学芸術学部芸術研究所修了、2009年多摩美術大学彫刻科教授就任、そして2020年3月で多摩美術大学を退職した。しばしばヒノギャラリーで個展を開いている。

 

 多和は鉄の塊を鍛造して作品を作っている。今回立方体のような大きな作品は800kgもあるという。そのほか多数の鉄板を溶接したような作品や、杭のような棒状の作品、ドローイングが展示されている。



 また、このほか、近くのStandByというスペースでも多和圭三の作品が設置されている(6月9日まで)。棒=杭状の作品が並んでいる。

     ・

多和圭三展「奥遠く」

2024年5月23日(木)―6月15日(土)

12:00-19:00(日曜・月曜休み)

     ・

B_1 Storage

東京都渋谷区神宮前5-9-25 B1F

 

StandBy

東京都渋谷区神宮前5-11-1

(2024年5月23日―6月9日)