美術

菊畑茂久馬『絵かきが語る近代美術』を読む

菊畑茂久馬『絵かきが語る近代美術』(弦書房)を読む。九州派の重鎮菊畑茂久馬が平成13年から14年にかけて福岡県立美術館で連続講演をした記録を再構成・加筆したものとのこと。菊畑は画家だけれど、日本近代美術史としてきわめて面白い。 前半は江戸時代か…

TS4312の田淵安一展を見る

東京四谷三丁目のTS4312で田淵安一展が開かれている(2月26日まで)。田淵は1921年福岡県生まれ、1945年東京大学文学部美術史学科に入学、在学中から猪熊弦一郎に師事。1951年渡仏、以後パリを拠点に制作・発表を続けた。1985年フランス政府より芸術文化勲…

銀座 蔦屋書店の堀本達矢個展を見る

東京銀座のギンザシックスにある銀座蔦屋書店ギンザ アトリウムで堀本達矢個展「Meet the KEMONO」が開かれている(2月8日まで)。堀本は1993年三重県生まれ、沖縄県立芸術大学大学院彫刻専修を修了している。2016年に沖縄県立芸術大学ピロティで初個展、…

コバヤシ画廊の保科豊巳展を見る

東京銀座のコバヤシ画廊で保科豊巳展が開かれている(2月9日まで)。これは「80年代の美術」というシリーズの6回目だ。保科は1953年長野県生まれ、1979年に東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻を卒業し、1984年に同大学大学院博士後期課程美術専攻を満期退…

ギャラリー川船の「日芸版画修了卒業制作展」を見る

東京京橋のギャラリー川船で「日芸版画修了卒業制作展」が開かれている(2月4日まで)。日本大学芸術学部の大学院の版画分野修了制作および大学版画専攻の卒業制作を展示している。主な作品を紹介する。 青柳有華(銅版画) 岡本彩椰・院生(銅版画) 石川…

ガルリSOLの「LIFE vol.2 #4」を見る

東京銀座のガルリSOLで「LIFE vol.2 #4」が開かれている。6人の彫刻家などのグループ展で、SOLが作家を選んでいる。 笹井南海 笹井南海「ひこう少年」。 川島史也 川島史也。1989年栃木県足利市生まれ、2019年筑波大学大学院博士後期課程修了。 森哲弥 森哲…

eitoeikoの石垣克子展を見る

東京神楽坂のeitoeikoで石垣克子展「基地のある風景Ⅲ」が開かれている(2月18日まで)。石垣は1967年沖縄県石垣市生まれ、1991年沖縄県立芸術大学美術工芸学部美術学科絵画専攻を卒業、1997年に初個展を行い、その後県内外での個展を40回以上行っている。 D…

いりや画廊の丸山富之展を見る

会場風景(パンフレットより) 東京北上野のいりや画廊で“いりや画廊開廊10周年記念展#3”丸山富之展「水平の空-おもかげ」が開かれている(1月28日まで)。丸山は1956年長野県生まれ、1986年東京藝術大学大学院彫刻専攻を修了している。1987年ときわ画廊…

パレアナの北崎洋子展を見る

DM葉書 東京神楽坂のパレアナで北崎洋子展「時のスケッチ」が開かれている(1月26日まで)。北崎は1960年女子美術短期大学美術科卒業、個展は、ぎゃるり しらの、ギャラリー汲美、ギャラリー砂翁、中和ギャラリー、K'sギャラリー、ギャラリーテムズなどで行…

山本弘のデッサン2点

『山本弘遺作画集』に山本のデッサンが掲載されている。鳥を描いたものは1966年、自画像は1970年の作で、自画像は40歳の時のものということになる。 1966年は愛子と結婚した年、1970年の翌年長女の湘が生まれている。 鳥 自画像

山本弘へのオマージュ

もう40年近く前になるが、『山本弘遺作画集』に菅沼秀雄さんが「山本弘へのオマージュ」と題して追悼文を寄稿してくれた。菅沼さんは山本の小学校の同級生。私が紹介されたとき、魚問屋の専務だった。 以下、菅沼秀雄さんの投稿全文。 ・ 小学校が山本弘との…

クロスビューアーツの桑原理早展を見る

東京京橋のクロスビューアーツで桑原理早展が開かれている(1月28日まで)。桑原は1986年、東京都出身。2011年に武蔵野美術大学造形学部日本画学科を卒業し、2013年同大学大学院造形研究科日本画コースを修了している。2013年アートスペース羅針盤で初個展…

ギャルリー東京ユマニテbisの佐藤翼展を見る

東京京橋のギャルリー東京ユマニテbisで佐藤翼展が開かれている(1月21日まで)。佐藤は1994年東京生まれ、現在多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程絵画専攻版画研究領域在籍中。今まで、高円寺や吉祥寺の画廊で個展を開いていて、今回が3回目の個展…

ギャラリー58の「Square展」を見る

東京銀座のギャラリー58で第10回「Square展」が開かれている(1月21日まで)。Square展とは、「30×30mの正方形展」との副題があり、参加作家が30cm四方のキャンバス(作品)各1点を出品するもの。今回46名の作家が参加している。 私が興味を持った作品を紹…

Stepsギャラリーの一色映理子展を見る

東京銀座のStepsギャラリーで一色映理子展「One More Light」が開かれている(1月21日まで)。一色は1981年、愛媛県生まれ。2004年に武蔵野美術大学造形学部油絵学科を卒業し、2006年に同大学大学院美術専攻油絵コースを修了している。2005年に銀座のフタバ…

塚本豊子『画廊と作家たち』を読む

塚本豊子『画廊と作家たち』(新潮社図書編集室)を読む。長く東京小金井市で双ギャラリーを主宰していた塚本が、昨年同ギャラリーの閉廊にあたり、30数年前の吉祥寺での開廊から閉廊までの主な展覧会を振り返って記録している。 初期には菅木志雄や森村泰昌…

若桑みどり『女性画家列伝』を読む

若桑みどり『女性画家列伝』(岩波新書)を読む。雑誌『創文』に連載したものをまとめたもの。12人の女性画家を取り上げ、その画家の「本質をえぐる」という点を追及している。 取り上げている画家は、シュザンヌ・ヴァラドン、アルテミジア・ジェンテレスキ…

ガルリSOLの松尾玲央奈展を見る

東京銀座のガルリSOLで松尾玲央奈展「列なり逢う想い」が開かれている(1月21日まで)。松尾は1984年、福岡県生まれ。2007年に女子美術大学芸術学部立体アート学科を卒業し、2012年に同大学大学院美術研究科美術専攻後期博士課程を修了している。初個展は20…

山本弘の作品解説(111)「箱」

山本弘「箱」、油彩、F10号(天地45.5cm×左右53.0cm) 1976年制作、山本弘46歳の晩年の作品。ワシオトシヒコさんが雑誌『美庵』に紹介してくれたことがある。私も山本が身近な箱を描いたと思っていた。ところがある人が、この絵は何を意味しているのか考えな…

若桑みどり『絵画を読む』を読む

若桑みどり『絵画を読む』(ちくま学芸文庫)を読む。副題が「イコノロジー入門」、「イコノロジー」とは図像解釈学。11月に読んだ若桑みどり『イメージを読む』の姉妹書。若桑によれば、『イメージを読む』は初級用の、『絵画を読む』は中級用の啓蒙書との…

山本弘の作品解説(110)「ばら」

山本弘「ばら」、油彩、F8号(45.5cm×37.8cm) 1966年5月制作、山本34歳のときの作品。やや初期に属する。裏面に名刺が貼付されていて、¥16,000とあるから16,000円で販売したらしい。現在の貨幣価値では5倍として8万円になる。 晩年の作品と違って分かり…

国立新美術館の「DOMAN・明日展 2022-23」を見る

東京六本木の国立新美術館で「DOMAN・明日展 2022-23」が開かれている(2023年1月29日まで)。私は半月前に見てきた。今年のDOMANI・明日展は総じて低調であまり評価できるものではなかった。全体に平面作品がふるわなくて、立体作品に良いものが多かった。…

ポルトリブレ デ・ノーヴォで「歳末蚤の市2022」が開かれている

東京高円寺のポルトリブレ デ・ノーヴォで「歳末蚤の市2022」が開かれている(12月27日まで)。ポルトリブレは高円寺の住宅街の中にある小さなギャラリーである。画廊主の版画家・画家である平井勝正さんの自宅を兼ねている。一見普通の住宅のたたずまいなの…

ギャラリーなつかの高浜利也展を見る

東京京橋のギャラリーなつかとクロスビューアーツで高浜利也展「いえあつめ」が開かれている(12月24日まで)。高浜は1966年兵庫県姫路市生まれ、1988年武蔵野美術大学を卒業し、1990年に武蔵野美術大学大学院修士課程を修了している。1998年からタイ国立大…

ギャラリーゴトウの森本秀樹展を見る

東京銀座のギャラリーゴトウで森本秀樹展「冬めく景」が開かれている(12月17日まで)。森本は1951年、愛媛県宇和島出身。ギャラリー汲美をはじめ、ギャラリーゴトウ、小田急デパートなどで数多くの個展を行っている。今年5月にもここで個展を開いたばかり…

ギャラリーアビアントの山崎万亀子展を見る

東京吾妻橋のギャラリーアビアントで山崎万亀子展が開かれている(12月17日まで)。山崎は70代後半のベテラン画家。ギャラリー汲美の磯良氏に気に入られて汲美で何度も個展を開いてきた。ここアビアントではコロナもあって5年ぶりになる。もっとも住んでいる…

ギャラリールヴァンの若宮綾子×タナベルン展を見る

東京目白のギャラリールヴァンで若宮綾子×タナベルン展が開かれている(12月10日まで)。若宮とタナベは母娘だと知った。若宮は神奈川県横浜生まれ、1989年女子美術大学芸術学部洋画科油絵専攻卒業、1990年同大学芸術学部研究課程を修了している。1993年に藍…

ギャラリー檜Fのシマヅヨウ彫刻展を見る

東京京橋のギャラリー檜Fでシマヅヨウ彫刻展「鎖の感じ」が開かれている(12月10日まで)。シマヅは1962年兵庫県生まれ、1986年に武蔵野美術短期大学専攻科を修了している。1986年より個展を続けているという。最近は毎年ここギャラリー檜Fで開いている。 今…

ギャラリー川船の「歳末入札展示会」が始まった

東京京橋のギャラリー川船で「歳末入札展示会」が始まった(12月10日まで)。 入札の方式は「二枚札方式」、これは入札カードに上値(上限)と下値(下限)の二つの価格を書いて入札するもの。他に入札者のない場合は下値で落札する。上値が同額の場合には下…

布施英利『現代アートはすごい』を読む

布施英利『現代アートはすごい』(ポプラ新書)を読む。副題が「デュシャンから最果タヒまで」というもの。実際は現代アート入門書といったところか。初心者に対してはよくできている。 デュシャンの便器の作品「泉」について。小学校の図工の授業で先生が「…