『吉野弘詩集』を読む

 『吉野弘詩集』(角川春樹事務所)を読む。これは「にほんの詩集」という12冊のラインナップの1冊だ。ほかには、『谷川俊太郎』『長田弘』『中島みゆき』『金子みすゞ』『萩原朔太郎』『中原中也』『石垣りん』『まど・みちお』『寺山修司』『工藤直子』『宮沢賢治』となっていて支離滅裂な選定という印象を受ける。おそらくこれらが売れ行きの見込める人気詩人なのだろう。

 吉野弘をまとめて読むのは初めてだった。印象に残った詩がある。

 

  I was born

 

 

 確か 英語を習い始めて間もない頃だ。

 

 或る夏の宵。父と一緒に寺の境内を歩いてゆくと 青い夕靄の奥から浮き出るように 白い女がこちらへやってくる。物憂げに ゆっくりと。

 

 女は身重らしかった。父に気兼ねをしながら僕は女の腹から眼を離さなかった。頭を下にした胎児の 柔軟なうごめきを 腹のあたりに連想し それがやがて 世に生まれ出ることの不思議に打たれていた。

 

 女はゆき過ぎた。

 少年の想いは飛躍しやすい。その時 僕は〈生まれる〉ということが まさしく〈受身〉である訳を ふと了解した。僕は興奮して父に話しかけた。

――やっぱりI was bornなんだね――

 父は怪訝そうに僕の顔をのぞきこんだ。僕は繰り返した。――I was bornさ。受身形だよ。正しく言うと人間は生まれさせられるんだ。自分の意志ではないんだね――。

 その時 どんな驚きで 父は息子の言葉を聞いたか。僕の表情が単に無邪気として父の眼にうつり得たか。それを察するには 僕はまだ余りに幼かった。僕にとってこの事は文法上の単純な発見にすぎなかったのだから。

 

 父は無言で暫く歩いた後 思いがけない話をした。

――蜻蛉(かげろう)という虫はね。生まれてから二、三日で死ぬんだそうだが それなら一体 何の為に世の中へ出てくるのかと そんな事がひどく気になったことがあってね――

 僕は父の顔を見た。父は続けた。

――友人にその話をしたら 或日 これが蜻蛉の雌だといって拡大鏡で見せてくれた。説明によると 口は全く退化して食物を摂るに適しない。胃の腑を開いても 入っているのは空気ばかり。見ると その通りなんだ。ところが 卵だけは腹の中にぎっしり充満していて ほっそりした胸の方にまで及んでいる。それはまるで 目まぐるしく繰り返される生き死にの悲しみが 咽喉もとまで こみあげているように見えるのだ。淋しい 光りの粒々だったね。私が友人の方を振り向いて〈卵〉というと 彼も肯いて答えた。〈せつなげだね〉。そんなことがあってから間もなくのことだったんだよ、お母さんがお前を産み落としてすぐに死なれたのは――。

 

 父の話のそれからあとは もう覚えていない。ただひとつ痛みのように切なく 僕の脳裏に灼きついたものがあった。

――ほっそりとした母の 胸の方まで 息苦しくふさいでいた白い僕の肉体-―。

 

 

 とても良い詩だ。

 だが、この詩以外はあまり評価できるものではなかった。描いている世界は黒田三郎に近いが、平板な印象なのだった。

 

 

 

東京都美術館の「眼差しに熱がこぼれる」を見る

 東京都美術館で「眼差しに熱がこぼれる」が開かれている(7月1日まで)。本展は「都美セレクション2022」のひとつで、金田実生、高橋大輔、長谷川友香、丸山直文が参加している。企画の金森千紘によると、「

 

本企画は、絵画だけで構成された展覧会を見たい、というとてもシンプルな思いを出発点としています。現在では「絵画」と一言で言っても、キャンバスや紙に描かれたものだけを指すわけではありません。今回は、関連イベントである公開講座も含めて「眼差し」を一つの基点として考えたいと思います。(後略)

 

丸山直文

丸山直文

丸山直文

丸山直文

 

 

 丸山直文は1964年生まれ。水を含んだ綿布にアクリル絵具を染み込ませて描くステイニングという技法を用いている。モーリス・ルイスと同じ技法だが、ルイスが抽象なのに対して丸山は具象画を描いている。

金田実生

金田実生

金田実生


 金田実生は1963年生まれ。紙を支持体として油彩やドローイングを制作している。

高橋大輔

高橋大輔

高橋大輔

高橋大輔


 高橋大輔は1980年生まれ。ちらしによると、「作品はすべて油絵具を使用しており、また完成予想を設定しない、独自のメソッドで創作を進める。近年は西欧絵画などに限らず、日本の洋画、日本画、書へもアプローチした、多彩な作品展開を見せている」とある。

長谷川友香



 長谷川友香は1981年生まれ。「本物と偽物との複雑な関係性の中に人間の営みの本質を表現している」とある。残念ながら撮影不可だったので、ちらしの写真を掲載する。これはモンドリアンを引用している。

     ・

「眼差しに熱がこぼれる」

2022年6月11日(土)―7月1日(金)

9:30-17:30(金曜日は20:00まで)

     

東京都美術館

東京都台東区上野公園8-36

電話03-3823-6921

https://www.tobikan.jp

 

 

人生相談・なぜこんなにも働く?

 毎日新聞の「渡辺えりの人生相談」で25歳の女性が、なぜこんなにも働くのかと相談している(6月18日付け)。

 

 なぜ人は必死に汗水流して働くのでしょうか。「1億総うつ時代」という言葉を耳にしますが、心の病にかかる人は多く、過労や職場での人間関係の問題が原因となる場合が大半で、労働の弊害を感じずにはいられません。なぜ人はここまでして働かなければならないのでしょうか。なぜ欲を捨てずに、働かなくても生きられる世の中を目指さないのでしょうか。

 

【回答】(前略)人の世の理不尽に悩み苦しんだ作家、トーマス・マンの残した言葉が「考えるな、働け」でした。私は中学生の時、机の前にこの言葉を書いて貼っていました。生きることがあまりにつらかったからです。(中略)

 働くという作業には悩みや苦しみを消す作用があるのです。「働かされている」ではなく「自ら働く」。この違いこそが貧富の差を改善し、戦争の連鎖を食い止め、あなたの悩みも解消に向かわせるはずです。私もそんなテーマの芝居を上演します。(劇作家・俳優)

 

 なぜ人は働かなければならないか。私は高校生のころそれを考えて一応の結論を出した。働かなければ食糧が手に入らないからだ。太古から人類は働いて食糧を手にしてきた。それを私は、「ナウマン象を追って暮らしてきたわれらの先祖」とまとめた。貧弱な武器しか持たない先祖たちはナウマン象を仕留めるのに大変な苦労をしただろう。それが働くことの原点なのだと考えるようにした。労働=働くことは大変なのだ。でも、それが人の原点なのだと。だから生涯がむしゃらに働いて来たのだ。

 

 

SCAI ザ・バスハウスの和田礼治郎展を見る

 東京上野桜木のSCAI ザ・バスハウスで和田礼治郎展が開かれている(7月9日まで)。和田は1977年広島県生まれ、2000年に広島市立大学芸術学部美術学科彫刻専攻を卒業、2002年同大学大学院芸術学研究科博士前期課程彫刻専攻修了、2008年東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程彫刻専攻を修了し博士号(美術)を取得している。現在ベルリン在住。

 ギャラリーにはとても奇妙な作品が展示されている。ギャラリーで配布しているテキストとともに作品を紹介する。

 

中央に置かれた真鍮製の骨組みと台は、和田が居住するドイツのフリーマーケット市場でごく一般的に見られるブースを実物大で抽出したものです。MARKETと題された黄金のフレームは、枠組みだけで幌もなく、また売り物も見当たらず、むしろそれらの不在が強調されているようです。

 

実物のモンキーバナナを鋳型にとった、ブロンズ製のオブジェが頭上に吊られているのが見えます。むさぼられ、枯れ果てた茎の様子と、一本だけ残った果実の神々しさとのコントラストが印象的です。本作には人間の差別意識と優越感に対する批判が込められていると和田は言います。バナナはかつての奴隷貿易プランテーションの象徴、そしてアートマーケットの中では消費し尽くされて来た記号 ―― 茎の先には、まだもぎとられていない禁断の果実が垂れ下がっています。


UNLICENSEDは、路上の観察から着想を得た作品です。前者は、スクラップされたアルミニウムに損傷を与え、さらに加工したものです。凹凸の目立つ鏡面には、映し込まれた像がまるで宇宙空間に引き込まれて消えていくような現象が立ち上がり、破壊と暴力の痕跡の狭間で、鑑賞者の知覚を揺さぶります。

 

窓ガラスの前に置かれた透明なFRUIT MARKETは、鑑賞者の目を捉えることでしょう。果物籠の純粋な構造美にフォーカスした本彫刻は、フルーツマーケットというタイトルに反し、空っぽで透き通ったガラスの外観が逆説的にフルーツの豊かな色彩をも呼び起こすようです。日常の儚さや非物質性を示しつつ、それらと対照する楽園的なイメージが対極を成す本作は、存在/消失、あるいは聖/俗といった両極性の内包、その絶え間なる反転運動が常に喚起される、和田彫刻の核心を端的に現しているともいえるでしょう。

 

 ほかにも不思議な作品が展示されている。これらの面白さが私には理解できなかった。

     ・

和田礼治郎展「Market and Thieves in a Cloister」

2022年5月31日(火)―7月9日(土)

12:00-18:00(日曜・月曜・祝日休廊)

     ・

SCAI ザ・バズハウス

東京都台東区谷中 6-1-23 柏湯跡

電話03-3821-1144

https://www.scaithebathhouse.com/ja/

 

 

ギャラリーQの李晶玉展を見る

 東京銀座のギャラリーQで李晶玉展が開かれている(7月9日まで)。李は1991年東京生まれ、2018年に朝鮮大学校研究院総合研究科美術専攻課程を修了している。2018年にeitoeikoで初個展、昨年はここギャラリーQで、今年はすでに原爆の図丸木美術館で個展を行っている。そのほか、「VOCA展2020」にも選ばれている。

 展示の中心は「Ground Zero」と題された左右450cmの大作だ。遠く中央に富士山が描かれ、前面におそらく東京が広がっている。東京の空に同心円が描かれ、その上に日の丸が描かれている。日の丸と書いたが、タイトル「グラウンド・ゼロ」つまり「爆心地」とすれば日の丸に見えるものは原爆ではないだろうか。先の大戦で東京に原爆が投下された可能性はゼロではなかっただろう。それを再現しているかのようだ。

 「Enola Gay」と題された飛行機のコックピットを描いた作品もある。これこそ広島に原爆を落とした爆撃機の名前だ。

Ground Zero

Ground Zero

Ground Zero(部分)

Enola Gay


 今年李が個展を行った丸木原爆の図美術館の学芸員岡村幸宜が岩波の『図書』6月号に「輪郭線」と題して李晶玉について書いている。

 

 (「Ground Zero」は)かねて影響を受けていたロラン・バルトの『表徴の帝国/記号の国』における「いかにもこの都市は中心をもっている。だが、その中心は空虚である」という考察をもとに、東京における「空虚な中心点」と爆心地の「空白」を重ねあわせた都市鳥観図だった。

 

 ロラン・バルトの「東京の空虚な中心点」とは皇居のことである。また岡村は李について書く。

 

 (李の)丹念に思考の跡が記された創作ノートの片隅に「“暫定アメリカ人”の日本の在日」と書きとめられていたことは、見逃せなかった。戦後半世紀を経た日本社会は、米国の政治的・文化的影響を多分に受けている。その環境で生まれ育ったリアリティと、「在日朝鮮人」というアイデンティティのあいだで、ときに宙吊りになり、ときに引き裂かれる複雑な感覚。それは彼女にとって、表現の根幹にかかわる重要な問題だった。

 

 在日朝鮮人3世という複雑な立ち位置は、李に自分の存在について深い思考を強いてきただろう。それが彼女の作品を優れて強い表現に到達させている。無反省の幸福な人生は優れた作品とは無関係だろう。

     ・

李晶玉展「SIMULATED WINDOW」

2022年6月27日(月)―7月9日(土)

11:00-19:00(最終日17:00まで)日曜休廊

     ・

ギャラリーQ

東京都中央区銀座1-14-12 楠本第17ビル3F

電話03-3535-2524

http://www.galleryq.info