ジョン・ル・カレの評価

 先月イギリスのスパイ小説作家ジョン・ル・カレが89歳で亡くなった。松浦寿輝が「追悼ジョン・ル・カレ」を発表した(朝日新聞2021年1月16日)。

 松浦はイギリス「純文学」界の雄であるイアン・マキューアンの言葉を引く。「ル・カレの小説になぜブッカー賞が与えられないのか。彼こそ20世紀後半のイギリスが生んだ最重要の作家なのに」と。

 続けて松浦が書く。 

 わたしはその意見に完全に同意する。犀利で繊細で、ときには冷酷きわまる視線で人間性の奥底まで透視し、個人や集団が歴史の現実に翻弄され、それと闘い、それを生き延びてゆくさまを、緻密に組み立てられたプロットによって鮮烈に描き出してみせたル・カレの作品群は、もしこれを「文学」と呼ばないなら何を「文学」と呼ぶのかと言いたくなるような傑作揃いである。

 

 私も松浦の意見に完全に同意する。そして松浦はル・カレの代表作として、『寒い国から帰ってきたスパイ』(ハヤカワ文庫)と『パーフェクト・スパイ』(ハヤカワ文庫)、『ナイト・マネジャー』(ハヤカワ文庫)、『スパイたちの遺産』(ハヤカワ文庫)をあげている。

 その『スパイたちの遺産』に対して、松浦は、

スパイたちが背負った負の「遺産」とは、刑事罰の対象となる犯罪(crime)ではなく、永遠に赦しを得られない道徳上の罪業(sin)だからである。

 これはほとんど、カフカ的不条理の色彩に染め直されたドストエフスキー的世界である。……

  さて、私の押すル・カレ作品である。『寒い国から帰ってきたスパイ』(ハヤカワ文庫)、スマイリー3部作(『ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ』、『スクールボーイ閣下』、『スマイリーと仲間たち』、いずれもハヤカワ文庫)、そして『パーフェクト・スパイ』(ハヤカワ文庫)としたい。

 ル・カレは単なるスパイ小説作家ではなく、SF作家であるスタニスワフ・レムとともに、20世紀を代表する優れた「作家」である。

 

 

寒い国から帰ってきたスパイ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナイト・マネジャー〔下〕 (ハヤカワ文庫NV)
 

 

 

スパイたちの遺産 (早川書房)

スパイたちの遺産 (早川書房)

 

 

 

 

 

スクールボーイ閣下〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
 

 

 

スクールボーイ閣下〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)
 

 

 

スマイリーと仲間たち (ハヤカワ文庫 NV (439))
 

 

野見山暁治『どうにもアトリエ日記』を読む

 野見山暁治『どうにもアトリエ日記』(生活の友社)を読む。本書は2017年3月から2020年4月までの3年2か月分の日記が収録されている。『アトリエ日記』シリーズは、第1巻が2003年9月から始まっている。単行本にまとめられたのは、『アトリエ日記』『続アトリエ日記』『続々アトリエ日記』『やっぱりアトリエ日記』『じわりとアトリエ日記』と、本書を含めて6冊になる。

 始めた2003年には野見山はまだ82歳だった。それが老齢だとは言え、現在は100歳になっている。『どうにもアトリエ日記』は96歳から99歳までの日記でさすがに健康不安が何度も綴られている。東京女子医大に救急車で搬送されたのも何度もあり、数日間意識がなかったこともある。

 しかし、それにしても野見山は忙しい。ほとんど毎日来客があり、原稿の締め切りに追われ、個展やグループ展のための絵も描かなければならない。原稿の多さに音をあげたとき、秘書から野見山は絵ではなく原稿執筆で収入を得ているのだからとたしなめられる。

 毎日数行程度の日記だが、2018年3月2日の日記にはDOMANI展を見に行った感想が書かれている。 

3月2日

 六本木の国立新美術館に、DOMANI展を見にゆく。小さく明日展と振ってある。文化庁から海外へ派遣された画学生たちの展覧会。まさに今の時代を担うぴちぴち、と言ったところだろうが、なんだかぼくには漫画だ。

 芸術はとっくに滅びていると思うが、次の時代がこれか、ずいぶん安っぽい。

 銀座に回って、アンビロン展を観る。DOMANIに続いてこんどはアンビロンか。やたら横文字のタイトル、これ日本人のぼくたちが観るんだよ。

  残念ながら私はこの年のDOMANI展を見に行ってない。だが私にとって100歳の野見山は、過去の画家などではなく、現代のもっともすぐれた画家だと思っているから、野見山の価値観に従いたい。

 野見山さん、元気でもっと長生きしてほしい。

 

 

 

どうにもアトリエ日記

どうにもアトリエ日記

 

 

武田花写真集『眠そうな町』を見る

 武田百合子富士日記』を読んだので、その娘の武田花写真集『眠そうな町』(アイピーシー)を見る。武田花は写真展「眠そうな町」で木村伊兵衛賞を受賞している。

 あとがきで、「1987年春から約2年半、浅草から東武伊勢崎線、更に乗り換えて、佐野線、桐生線などの電車に乗り、沿線のいろいろな町に行き、いろいろな景色を見て、写真を写しました」と書いている。

 撮影地を見ると、群馬県桐生市が17カ所、同太田市7カ所、同館林市2カ所、同前橋市1カ所、栃木県足利市14カ所、同佐野市5カ所、同小山市2カ所、埼玉県草加市10カ所、同羽生市1カ所となっている。

 写真は変わった建物や変わった風景などを撮っている。おそらくこれだけ面白い写真を撮るためには、何度も何度も出かけ、歩き回り、ものすごく多くのフィルムを使っているのだろう。その成果としてこの写真集であり、木村伊兵衛賞なのだろう。その営為、その努力に敬意を表したい。

 

f:id:mmpolo:20210121084033j:plain

f:id:mmpolo:20210121084051j:plain


 

 

眠そうな町―武田花写真集

眠そうな町―武田花写真集

  • メディア: 単行本
 

 

武田百合子『富士日記』全3巻を読む

 武田百合子富士日記』全3巻(中公文庫)を読む。

 武田泰淳は昭和38年に山梨県鳴沢村に500坪の土地を借り、そこに別荘=山荘を建てる。山荘名はいろいろ呼んでいたが、表札は武田山荘としていた。昭和39年の晩春あたりから東京と山梨を妻の百合子の運転する自家用車で往復する暮らしを始め、山荘に滞在したときに日記を付けるよう泰淳が提案し、百合子がメモのような日記を付け始めた。最初の頃は泰淳も小学生だった娘の花もときに書いたりしたが、99%は百合子が書いている。

 日記の内容は1日の献立、買い物メモ(いちいち価格が記録されていて、主婦だなあと思う)、あとは山荘での日常が書かれているが、山荘の工事や修理の人たちや、管理所や行きつけの商店の主人たちとの交流が綴られる。ペットの犬の行動やトラブル、後半ではペットの猫の行動、猫がしょっちゅう捕えてくるモグラや小鳥、兎、蛇などの事が語られる。

 最初ほんの僅か記された泰淳の風景描写などはさすが作家の文章と感心する。

 昭和47年7月26日と27日の日記、

 

 7月26日(火) 晴

 朝 ごはん、野菜五目炒め、卵焼、味噌汁(じゃがいも)

 昼 トーストパン、バター、ジャム、コンビーフ、スープ

 夜 ごはん、精進揚げ(なす、さつまいも、ピーマン、さくらえびのかきあげ、かぼちゃ)、佃煮。

 ポコ(犬の名前)食欲なし。草とスルメだけ食べる。

 ほたるぶくろ(つりがね草)咲きだす。庭の月見草のつぼみ大きくなる。主人は草刈りのとき、ほたるぶくろも一緒に刈りとってしまう。キライなのだという。全然きれいじゃない、陰気臭い、という。

 テレビで。甲府市内の集中豪雨の被害の特別放送をしている。積翠寺という所の国有林が濫伐で地盤がゆるみ、山くずれが起り、木が流れ、川(アイカワ)が氾濫した。今日、やっと道が開通した。今日は富士五湖では水死が多かった。

 本栖湖では自衛隊が作業中(バケツを洗っていた)に湖水に落ち、ショック死。バカだなあ。

 

 7月27日(水) 晴

 今日は一日、草を刈った。

 朝 ごはん、味噌汁、のり、卵、トマト。

 昼 ふかしパン、ピーナツバター、紅茶。

 夜 かにチャーハン、スープ(玉ねぎ)

  日記は昭和49年まで続く。47年頃より泰淳の体調が悪化したらしく山荘へ来る回数が減ってくる。糖尿病による脳血栓で右手が少し不自由になったようだ。百合子が口述筆記をする。そして昭和49年7月で日記は2年間中断する。39年7月から11年間書き続けた日記だった。

 昭和51年7月に日記が再開する。しかし、それも9月21日が最後になる。泰淳は肝臓がんになっていた。当時だから本人に告知はされなかった。泰淳は翌月10月5日、64歳で亡くなる。

 本書は田村俊子賞を受賞している。淡々と書かれる山荘での日々、大事なことは何も書かれないで、三食の献立、買い物メモ、山荘での修理や工事の話題などが主な記載なのだがこれがとても楽しい。ただ、田村俊子賞に値するかと思えば、泰淳の仲間たちが選考委員に加わっていたのではないかと邪推したくなる。

 文庫本の表紙は泰淳の絵で、素人のものだ。

 

 

富士日記(上) 新版 (中公文庫 (た15-10))

富士日記(上) 新版 (中公文庫 (た15-10))

 

 

 

富士日記(中)-新版 (中公文庫)

富士日記(中)-新版 (中公文庫)

 

 

 

富士日記(下)-新版 (中公文庫)

富士日記(下)-新版 (中公文庫)