東京芸術劇場ギャラリー2の松尾多英個展を見る

 東京池袋の東京芸術劇場ギャラリー2で松尾多英個展「砂」が開かれている(6月30日まで)。松尾は1947年生まれ、1970年にフランスの美術学校を修了している。1983年から砂丘・風紋を発表し始め、1995年から「砂」の100号の連作を発表している。


 今回はF100号の大作を20枚並べている。左右2620cm、つまり26メートルもある超大作だ。松尾は世界の砂漠を取材しているが、どこまでも続く「砂」の運動・姿の変容を表現するためには、100号作品を横にずっと繋げる連作にしなければならないと考えた、とカタログに書いている。

 松尾多英といえば2017年に亡くなった奥田敏夫さんを思い出す。神田神保町でやっている松尾多英展が良いから見に行ってと言われたことがあった。だから私にとって松尾多英=奥田敏夫なのだ。

 奥田さんは東大で本江邦夫さんと同級生だった。二人はセクトが違ったので深い付き合いはなかったと言うが。奥田さんは本江さんのことをアイツは頭が悪いと言っていた。本江さんは多摩美の教授で長く府中市美術館の館長だった。本江さんも口が悪く、建畠晢さんのことを頭が悪いと言ったり、ワシオトシヒコさんのことを教養がないなどと言っていた。奥田さんは7年前に肺がんで亡くなってしまったが、生前もっといろいろ話しておけばよかった。藍画廊で開かれていた読書会で奥田さんの優れた読解を聞くのが楽しみだった。松尾多英展を見ると奥田さんのことを懐かしく思い出す。

     ・

松尾多英個展「砂」

2024年6月17日(月)―6月30日(日)

10:30-19:00(初日は12:00~)6/24は休館日

     ・

東京芸術劇場ギャラリー2

東京都豊島区西池袋1-8-1

電話03-5391-2111

 

ギャラリー惣の横田節子展を見る

 東京銀座のギャラリー惣で横田節子展が開かれている(6月29日まで)。横田節子は1934年群馬県生まれ、60歳から絵を描き始め、70歳でギャラリー汲美で初個展、最近は毎年ギャラリー惣で個展を開いている。



 横田は紙に水彩で描いている。まったく年齢を感じさせない若々しい絵だ。1934年生まれということは今年90歳になる。本当に信じがたい作風だ。横田を見れば人は年齢を理由に言い訳を言うことはできないことが分かるだろう。毎年横田の個展を見られることは励みになるというものだ。いつまでも元気で個展を続けてください。

     ・

横田節子展

2024年6月24日(月)―6月29日(土)

11:00-18:30(最終日16:30まで)

     ・

ギャラリー惣

東京都中央区銀座7-11-6 徳島新聞ビル3F

電話03-6228-5507

http://www.gallery-sou.co.jp

 

熊野純彦『サルトル』を読む

 熊野純彦サルトル』(講談社選書メチエ)を読む。熊野純彦廣松渉門下の優れた哲学者、サルトルは若い頃夢中になって読んだ哲学者、では読まずばなるまい。それにしても熊野純彦はドイツ哲学が専門でレヴィナスの研究者なのに、サルトルに対するこの理解力は何なのか。難解な廣松渉の一番弟子という優秀さのせいなのか。最近は『本居宣長』に関する大著もあるほどだ。

 サルトルは哲学者にして小説家、劇作家、政治思想家等々の側面をもっている。熊野はサルトルの哲学的側面を取り上げる。それも主著『存在と無』に注力し、後期の『弁証法的理性批判』については、「現在の眼から見てこの浩瀚な著作が巨大な失敗作であったことはほとんど覆いがたい」(「おわりに」)と、切り捨てる。

 サルトルは対自存在と即自存在を追求する。いっさいの意識はなにものかについての意識である。言いかえれば超越的な対象の定立ではないような意識は存在しない。意識が、みずからを超越して自体的に存在する対象についての意識であることは、意識が即自としてのその対象を定立することとひとしい。対象についての定立的な意識のうらがわには非定立的意識が貼りついている必要がある。

 やっぱりすごく難しい。それでも今まで読んだサルトル論のうちでは最も分かりやすく魅力的だ。おそらくもう『存在と無』を読み直すことはないだろうから、本書を何度か読み直さなければならないだろう。

 

 

 

Kanda & Oliveiraの福田尚代展を見る

 千葉県西船橋のKanda & Oliveiraで福田尚代展「ひとすくい」が開かれている(6月29日まで)。福田は埼玉県出身、1992年東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻を修了し、1994-2000年にアメリカに在住した。

 福田は本のページを折り曲げたり、消しゴムを彫刻したり、回文を作ったりしている。私は東京神田にある小出由紀子事務所での個展を何度か見てきた。昨年は東京都現代美術館の常設展に並べられてもいた。

 今回船橋市のギャラリーで開かれた個展では、1階のスペースに消しゴムで作られた彫刻「漂着物/海辺の洞窟」というインスタレーションが展示されている。



 2階のスペースでは、ページを折り込まれた書物のシリーズ、消しゴムに彫刻したもの、竹のものさしの目盛りを削った彫刻、オイルパステルで塗りこめられた少女漫画、脱色されたハンカチに刺繍、ほぐされた本のしおり紐、画集のコラージュなどが展示されていた。

 ページを折り込まれた書物では、ル・クレジオ『大洪水』やヴェルヌ『海底二万海里』、『ドリトル先生アフリカへ行く』、『十五少年漂流記』などがあった。

画集のコラージュ

オイルパステルで塗りこめられた少女漫画

ほぐされた本のしおり紐

脱色されたハンカチに刺繍

2階の展示風景


 小さなもの、目立たないもの、小声で語られるような世界、しかしそれらが集められると、福田尚代という独特の世界が立ち現れる。ギャラリーの個展とはいえ、小さな美術館での個展の趣がある。わざわざ足を運んだ価値があった。

     ・

福田尚代展「ひとすくい」

2024年5月18日(土)―6月29日(土)

13:00-19:00(日曜・月曜・火曜 休館)

     ・

Kanda & Oliveira

千葉県船橋市西船1-1-16-2

https://www.kandaoliveira.com/ja/

東京メトロ東西線JR総武線各駅停車・武蔵野線西船橋」駅北口より、徒歩約12分

西船橋駅北口からギャラリーへは船橋市西図書館沿いの道が歩きやすい)

※山野浅間神社となり

ギャラリーSAOH & TOMOSの鷹尾葉子展を見る

 東京神宮前のギャラリーSAOH & TOMOSで鷹尾葉子展「―何処へ―焼物と蜜蝋画展」が開かれている(6月29日まで)。鷹尾は1950年東京生まれ、1972年多摩美術大学油画科を中退し、1982年アトリエ飛行船陶芸研究所入所。1987年初個展、以来各地で個展を開いている。



 今回は蜜蝋画と焼物を展示している。1階に展示されている焼物の破れたラグビーボールのようなオブジェがとても面白い。2階には実用の皿と球のような碗が展示されている。この碗がとても魅力的だった。深くて薄いので実用に供して壊れないかと尋ねると、鷹尾は高温で焼き締めているので丈夫なのだと言う。ちょっと欲しいと思ってしまった。

 ほかに蜜蝋画が並んでいる。これらも上品で作家の人柄を偲ばせた。

     ・

鷹尾葉子展「―何処へ―焼物と蜜蝋画展」

2024年6月17日(月)―6月29日(土)

11:00-18:00(最終日17:00まで)日曜休み

     ・

ギャラリーSAOH & TOMOS

東京都渋谷区神宮前3-5-10

電話03-6384-5107

http://www.saohtomos.com