熊野純彦『三島由紀夫』を読む

 熊野純彦三島由紀夫』(清水書院)を読む。同社の「人と思想シリーズ」その197巻目。圧倒的な傑作評伝である。熊野は哲学者、マルクスヘーゲル、カント、レヴィナスなどについて書いている。さらに最近は本居宣長論も評価が高い。難解な哲学で知られる廣松渉の弟子でもある。その哲学者が三島由紀夫論を書いた! しかしこの評伝は凡百の文芸評論家がもう三島論を書けなくなるかもしれない。

 三浦雅士の書評がよかった(毎日新聞2020329日付)。そこから引用する。

 

 

 小型本だが、評伝として傑出している。はじめに高橋和巳三島由紀夫論を引いて、読者を一気に1960年代のただ中に引き込む。当時左右両翼の代表選手だったこの二人は69年に対談もしている。70年、三島は45歳で自刃、71年、高橋は39歳で病死。72年、三島の師ともいうべき川端康成72歳でガス自殺。まさに時代の転換点だ。ぐいぐい引き込んで離さない筆力のまま、「高橋は時代に殉じて作品とともに消え、三島が時代を超えて生きのこった」と著者は書く。それはなぜか、と。

 

 

 熊野は三島の著作を丁寧にたどる。細部を読み込む。時代の中に置いて語る。『金閣寺』を執筆する前後から森鴎外の文体の影響が見られる。「影響は文体にとどまらない。文体とは思考の水路であるからだ。鴎外の文体を受け入れた三島由紀夫は、同時にまたそれ以後、ロマン主義と古典主義のあいだを彷徨しつづけることになるだろう」。そのロマン主義とは現実から疎外されているがゆえに憧憬を語ることができ、古典主義とはなによりまず端正な文体の美を意味する。

 三島の文体について先に引用した三浦雅士が続けている。

 

 

……三島の文体は隅々まで神経が行き届き、鎧のようにさえ思われる。だが、著者は三島の柔肌が現れた瞬間を狙いすましたように掬い上げ、引用する。とりわけ『豊饒の海』大尾を再論した本書結末はほとんど感動的である。「庭は夏の日ざかりの日を浴びてしんとしてゐる。……」で終わる一節を引いた後に、著者は「三島由紀夫の生涯でおそらくは最高の美文である」とし、「小説家は、これといって奇功はない、しかしこのうえなく閑雅な一文を最後の作品として、文学者としての生を閉じることを望んだのである」と本書を結んでいる。

 

  

 私はまだ三島の『豊饒の海』を読んでいない。早速書店へ行ってこよう。

 

 

 

人と思想 197 三島由紀夫

人と思想 197 三島由紀夫

  • 作者:熊野純彦
  • 発売日: 2020/02/19
  • メディア: 単行本
 

 

 

シランさび病

f:id:mmpolo:20200712212842j:plain

  連休の頃は団地の花壇にシラン(紫蘭)の花が満開だった。いまは葉が生い茂っている。その葉の一部に黄色い汚れのようなものが目立っている。何だろう。近づいて見ればシランさび病だった。かなり蔓延している。

 さび病菌によって起こるさび病は種々あるが、植物の種類が違えば菌も異なるので、異種の植物に伝染することはない。ネギさび病が有名だが発生したネギは出荷できないので農家以外見る事は少ないかもしれない。梨やリンゴ、カイドウの赤星病もさび病だ。

 さび病菌は夏冬で寄種植物を変える。赤星病は冬にはカイヅカイブキへ移って茶色っぽい塊を作る。そこから春には梨へ移るので、梨産地ではカイヅカイブキの植栽を禁じている。シランさび病菌は冬には松に移るという。

 シランさび病の防除には有効な殺菌剤(サプロール)などを使うほかないが、広い花壇で使うのも費用がかかるし簡単ではない。残念ながら来年も発生してしまうだろう。

 

f:id:mmpolo:20200712212821j:plain


f:id:mmpolo:20200712212748j:plain

f:id:mmpolo:20200712212538j:plain

f:id:mmpolo:20200712212636j:plain

f:id:mmpolo:20200712212713j:plain

 

 

 

 

 

Stepsギャラリーの吉岡まさみ展「秘密の記憶2020」を見る

 

 東京銀座のStepsギャラリーで吉岡まさみ展「秘密の記憶2020」が開かれている(7月22日まで)。吉岡は1956年、山形県生まれ。1981年に東京学芸大学教育学部美術科を卒業している。作家であり、ここStepsギャラリーのオーナーでもある。

  ギャラリーの奥の壁に吉岡のインスタレーション作品が描かれている。その制作方法について、以前聞いた話では、

 1.B1の大きさの紙にマジックインクでドローイングする。

2.ドローイングを縮小コピーし、透明フィルムに転写する。

3.プロジェクターを使って、フィルム作品を画廊の壁に大きく投影する。

4.投影された作品の線の上をなぞりながらデザインテープを貼っていく。

5.テーピングはすべてスタッフが行い、作家本人は制作に加わらない。

 

 今回もあまり変わってはいないだろう。画廊の壁面へのテープを貼る作業はスタッフにまかせ、吉岡は一切タッチしない。もちろんドローイングは吉岡が描くし、テープの色もどの壁面に投影するかも吉岡が決めている。しかし仕上げには一切タッチしていないのだ。

 

f:id:mmpolo:20200711214148j:plain

 3年前の横浜石川町のアトリエ・Kでの展示では、2面の壁の角を使い、壁の一部に写真を貼っていた。テープはその写真の上まで続いていた。今回は1面だけの壁に投影しているが、柱が使われている。いずれも図像を投影しているという制作方法を明示化するためだ。また投影という2次元の図像を壁の角や柱の導入によって3次元化している。

 事務所内には小品が展示されている。やはり紙にドローイングしたものを板に転写し、それを彫刻刀で削って着彩している。
f:id:mmpolo:20200711214330j:plain


f:id:mmpolo:20200711214254j:plain


f:id:mmpolo:20200711214218j:plain

 

     ・

 

吉岡まさみ展「秘密の記憶2020

2020年7月8日(水)-7月22日(水)

12001900(日曜休廊、土曜日・最終日1700まで)

     ・

Stepsギャラリー

東京都中央区銀座4413琉映ビル5F

電話0362286195

http://www.stepsgallery.org

 

 

 

JINENギャラリーの黒石美奈子展を見る

f:id:mmpolo:20200710220316j:plain


f:id:mmpolo:20200710220247j:plain


f:id:mmpolo:20200710220208j:plain


f:id:mmpolo:20200710220137j:plain


 東京日本橋小伝馬町JINENギャラリーで黒石美奈子展が開かれている(7月12日まで)。黒石は1982山形県生まれ、2002女子美術大学短期大学部絵画コースを卒業し、2004年に武蔵野美術学園メディア表現科版画コース研究課程を修了している。2007年にギャラリーフォレストで初個展、以来何度も個展を開き、2018年には山本鼎版画大賞展で優秀賞を受賞している。

 

 黒石はセーターとか、若い娘のポートレート、それに建物などを描いている。そのセーターの表現がすばらしい。構図に特段の特徴はないが、細部の表現の豊かさに見入ってしまう。優れた作家だと思う。

     ・

黒石美奈子展

202077日(火)―712日(日)

12001900(金曜2000まで、最終日1600まで)

     ・

JINEN GALLERY

東京都中央区日本橋小伝馬町7-8 久保ビル3F

TEL03-5614-0976

https://jinen-gallery.com/

 

 

 

私のチープなお宝


f:id:mmpolo:20200709100058j:plain

 私にはチープなお宝が2つある。一つは映画『スエーデンの城』のサウンドトラックのドーナツ盤レコード。映画はモニカ・ビッティ(ママ)主演、ロジェ・バディム監督、フランソワズ・サガン原作だった。レコードのA面が「スエーデンの城」、B面が「恋の終末」で、レーモン・ル・セネシャル作曲とある。

 もうレコードプレイヤーは持っていないので直接聴くことはできないが、You Tubeにアップされているのでたまに聴いている。A面がテーマ曲になっていて、B面がジャズ的にアレンジされている。このB面のピアノが好きなのだ。

 

・「スエーデンの城」(A面)

https://www.youtube.com/watch?v=LAkRmcfGBmM

 

・「恋の終末」(B面)

https://www.youtube.com/watch?v=vPMELxA2U9g

 

f:id:mmpolo:20200709100134j:plain

 もう一つのお宝がソノ・シートの「おまわりさん!!」、これは赤塚不二夫編集のマンガ雑誌『まんがNo.1』創刊号の付録だったもの。創刊は1972年、作詞・長谷邦夫、歌&作曲・少年Aとなっている。

 おそらく契約の関係で本名が出せず少年Aとしたものだろうが、聴けばすぐに三上寛だと分る。これもYou Tubeで聴くことができる。

・「おまわりさん」

https://www.youtube.com/watch?v=yH98oddheJg

 

f:id:mmpolo:20200709100354j:plain

 参考までにソノ・シートの裏面も貼っておく。「どうでえ リッパだろう」と吹き出しに書かれているのは、本来プレイヤーにセットしたとき、真ん中の穴にレコードプレイヤーの棒(?)が突き出しているため。想像してください。

 なお、表面の絵は佐伯俊男、裏面のイラストは赤塚不二夫だろう。