ex-chamber museumの鈴木知佳・鈴木のぞみ展「Monologue of the Blank」を見る

 東京外神田のex-chamber museumで鈴木知佳・鈴木のぞみ展が開かれている(9月29日まで)。鈴木知佳は1982年生まれ、東京造形大学大学院を修了している。鈴木のぞみも東京造形大学の同級生だった由。
 一見地味な作品が展示されている。ギャラリーに置いてあるテキストを鈴木知佳のfacebookから引く。

本展は、何気ない日常の事物に潜む潜像のような記憶を、光の跡/痕として写真の原理を通じて可視化することを試みる鈴木のぞみ、存在の起源を辿り、写す/遷す/映すことで事物が体現している時 ― 生成と消滅の繰り返しの内に在る、いま ― に臨もうと試みる鈴木知佳、二人の作家による、二度目の展覧会となります。
(中略)
本展「Monologue of the Blank」は、事物の過ごす時間に目を向け、それぞれの手法によって、日常の中ではとどめることのできない時間の流れを取り出し、留めようとする作品によって構成されています。

手紙を書くひとときに通り過ぎた光の痕跡を、便箋の置かれた空間ごと定着させた青写真のシリーズ「Letters of the Light」(鈴木のぞみ作品)と、モチーフとなる事物の姿形を彫り抜くことで、失われた質量分の空洞が透明アクリルの空間の内に浮かび上がる作品シリーズ「blank drawing」(鈴木知佳作品)には、現前にはない便箋一枚分の空白が触れ得るかのような時のイメージとなって浮かび上がってきます。

また、錆びた手押し車に空いた穴や排水溝の穴など、日常の小さな穴によって光が束ねられ、潜在している像をピンホールカメラの手法により写された事物の眼差しとも言えるような光景「Monologue of the Light」(鈴木のぞみ作品)や、路端・海岸等で採取した砂から、1ミリ足らずの砂粒と化したプラスチックやガラス、陶片等かつて何かだったものの欠片を識別し色ごとに並べた時の標本ともよべるような「名付けられた色の終わり 名付けられない色のはじまり」(鈴木知佳作品)には、日常からとりこぼされていった事物の置き去りにされた時間ではなく、寧ろ私たちが忘れ去られたとしても、人の過ごす時間を超えて続いてゆくであろう事物の刻々とした現在の時間がみえてきます。

何も書かれていない便箋やメモ用紙の空白、年月によって欠落してゆく事物が存在した分の空白から発せられる「Monologue of the Blank」に出合う場となれば幸いです。

f:id:mmpolo:20190915154836j:plain

f:id:mmpolo:20190915154853j:plain

f:id:mmpolo:20190915154906j:plain

 鈴木知佳の作品が興味深かった。透明アクリル板の裏側を紙1枚分ほど繰り抜いて、作品としている。説明を聞くまでどうなっているのか分からなかったが、原理を知った後で見れば、なるほど支持体なしで空中に浮かんでいるように見える作品は、いわばネガとしてある(=ない)存在の痕跡のようなものの実体化なのだった。

f:id:mmpolo:20190915154935j:plain

f:id:mmpolo:20190915154951j:plain


 またカラフルな微小な粒が100個(10×10)並べられているオブジェ様の作品は、甑島の海岸で拾ったマイクロプラスチックも含む砂粒を法則性をもって並べている。その法則は4隅に日本の基本色(白、黒、赤、青)を置き、それとの関係で並べているという。
 砂時計の砂も甑島の微小な砂粒を入れたもので、途中に引っかかっている大粒の砂もやがては摩耗して流れ落ちるだろうと。
 構成原理を知った後では作品が全く違って見えて興味深かった。

f:id:mmpolo:20190915155014j:plain

f:id:mmpolo:20190915155029j:plain

f:id:mmpolo:20190915155042j:plain


 鈴木のぞみは現在北アイルランドに滞在して作品を制作しているとのこと。窓から室内に入ってくる光を感光させた青写真を展示している。
     ・
鈴木知佳・鈴木のぞみ展「Monologue of the Blank」
2019年9月7日(土)-9月29日(日)
12:00-18:00(月・火・水休廊、9/16、9/23は開廊、9/20は16:00~)
     ・
ex-chamber museum
東京都千代田区外神田6-11-4 3331アーツ千代田205号室
電話070-5567-1513
http://ex-chamber.seesaa.net
※地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩3分

 

東京画廊+BTAPの菅木志雄展1stを見る

f:id:mmpolo:20190913132857j:plain


 東京銀座の東京画廊+BTAPで菅木志雄展1stが開かれている(9月14日まで)。大きな作品は2000年制作のもの。ほかに壁面に合板と枝の小品が3点展示してあって、こちらは1983年制作のもの。
 東京画廊は3回に渡って菅の過去の作品を展示するという。今回がその第1回目。「本展では、それら過去のオリジナルの作品をアーティストが監修して再展示いたします」とある。
 須賀木志雄について、画廊の作ったちらしに次のように書かれている。

菅木志雄は、1960年代末から1970年代初めに現われた「もの派」と呼ばれる美術動向を代表するアーティストです。木、金属、石、コンクリート、ビニールなどの自然物や人工素材を、加工せずに空間に配置し、そこで生まれる光景を「状況(景)」と呼び作品としてきました。特にスケールの大きいインスタレーション作品において異なる素材を大胆に組み合わせることで、物質とそれを取り巻く空間の関係性を現出させています。

f:id:mmpolo:20190913132929j:plain

f:id:mmpolo:20190913132944j:plain

f:id:mmpolo:20190913132959j:plain

f:id:mmpolo:20190913133014j:plain

f:id:mmpolo:20190913133027j:plain


     ・
菅木志雄展1st
2019年9月7日(土)-9月14日(土)
11 :00 – 19 :00 (土―17:00)日・月・祝日休廊
     ・
東京画廊+BTAP
東京都中央区銀座8-10-5 第4秀和ビル7階
電話03-3571-1808
http://www.tokyo-gallery.com/

 

 

山内昌之・細谷雄一 編著『日本近現代史講義』を読む

f:id:mmpolo:20190912213308j:plain


 山内昌之細谷雄一 編著『日本近現代史講義』(中公新書)を読む。昨日読み終えて今朝の新聞を見たら半五段の大きな広告が載っていた(朝日新聞)。新書1冊だけの広告としては異例の扱いだ。“これぞ最新、最前線の「令和の日本史」!”とある。

 14人の著者が1人20ページほどを分担して書いている。「立憲革命としての明治維新」とか「日清戦争と東アジア」とか「日露戦争と近代国際社会」など細かく区切って手際よく書いている。しかし、「第一次世界大戦と日中対立の原点」を書いた奈良岡聰智などは対華21か条要求に関して、自衛隊元幕僚長の田母神俊雄の論文を引用するなど、総じて保守的な言説が目立っている。
 「おわりに」を読んでそのわけが分かった。細谷雄一がこう書いている。

 本書は2015年12月から2018年7月まで、自由民主党本部で行われた「歴史を学び未来を考える本部」での講義をもとに、その内容を新書の形式にまとめたものである。2015年11月29日、自由民主党立党60年記念式典開催日に、「歴史を学び未来を考える本部」、いわゆる歴史本部が設置された。

 この歴史本部は、谷垣禎一本部長、稲田朋美本部長代理、中曽根弘文事務総長、棚橋康文事務局長として発足し、本書の編者2人がアドバイザーを務めたとある。それでこの内容が納得できた。

 

 

 

資生堂ギャラリーの遠藤薫展を見る

 東京銀座の資生堂ギャラリー遠藤薫展が開かれている(9月22日まで)。これは第13回Shiseido art eggの一環で、今村文、小林清乃と3人が選ばれて順次個展をしている。のちにこの中からグランプリが選ばれる。
 遠藤は1989年大阪府生まれ、2013年に沖縄県立芸術大学工芸専攻染めコースを卒業している。2016年に志村ふくみ主宰アルスシムラ卒業。

 遠藤の言葉を引く。

私はボロ布を一枚の新しい布に再生させています。それぞれの布には固有の素材や技法があるのみならず、使用されることで社会的な「事実」も既に織り込まれていると言えます。
布が布らしく在るのは、使われ、損なわれ、修復される、という過程の反復があるからです。私はその反復をもう一度現代的に繰り返すことを試みます。
例えば、戦前の古布に空いた穴を蚕に修復させ、沖縄土着の記憶と米軍物資が混ざり合った古布を集めて縫い合わせ、それらを正しく雑巾や布として使用と修復を繰り返す、など。
そこには必然的に、戦争や労働、過去の人たちの生活の痕跡が残っています。

f:id:mmpolo:20190911223456j:plain

f:id:mmpolo:20190911223515j:plain

f:id:mmpolo:20190911223531j:plain

 ギャラリーには古そうな布がたくさん吊下げられている。キャプションを読むと、
・古布は全て戦前に織られたもの。縫い糸で修復した跡は当時の人の手による。/その上に生きている蚕を這わせ、彼らが直接布に糸を吐き、古布の穴を修復する。
とか、
・かつて、沖縄の夏の普段着であった芭蕉布の端切れを米軍基地内のバナナの繊維などで縫い繋ぐ。/沖縄の型絵染(紅型)は戦後に米軍の薬莢や口紅を使って復興された。
などと書かれている。

f:id:mmpolo:20190911223751j:plain

・誰かのおばあちゃんの集めていた石と錆びた鋤と裁縫箱、木、赤土、蚕の成虫と卵、古い糸巻き、芭蕉糸、苧麻糸、ハノイの市場でもらった糸、福島のおじいちゃんがくれた大麻糸、古い杼、苧麻焼畑で燃えた灰、珊瑚、紅型工房の古雑巾
     ・
遠藤薫
2019年8月30日(金)-9月22日(日)
11:00-19:00(日・祝―18:00)
     ・
資生堂ギャラリー
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
電話03-3573-3901
https://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/

 

 

井上ひさし『二つの憲法』を読む

 井上ひさし『二つの憲法』(岩波ブックレット)を読む。二つの憲法とは、明治22年に発布された大日本帝国憲法と、昭和21年に公布された日本国憲法だ。井上はこの二つの憲法を比べている。
 大日本帝国憲法について、井上が解説する。天皇帝国議会を開会したり閉会したり解散したりできる。天皇が勅令を出し、命令を出したり法律を変えたりすることができる。戦争の開始も講和も条約の締結も天皇が行う。これは天皇主権の国であり、民権ではなく君権を基軸とした憲法だと。
 臣民の権利については、居住の自由も信教の自由も条件つき、権利については全部但し書きがつく。民権を表にだしているが、それは見せかけ、民権はすべて制限されている。
 行政府も立法府も裁判所も三権が分立せず、天皇一人に全部権力が集まっている。大日本帝国憲法立憲君主制と言いながらそれは見せかけで、実は絶対天皇制だった。
 昭和20年8月、日本はポツダム宣言を受け入れる。受諾に際して、日本は連合国側に、「ポツダム宣言は、天皇の国家を統治する権利を変えろという要求がないものと了解して受諾しましょう」という文書を送る。連合国側の回答は、「天皇制にこだわっているようだが、天皇制をそのまま続けるか、廃止するかは日本国民が決めるべきことだ」というもの。
 日本占領管理の最高決定機関はワシントンの旧日本大使館に設立された極東委員会だった。その構成委員は、米、英、ソ、中、豪、仏、オランダ、インド、カナダ、ニュージーランド、フィリピンの11カ国、のちにビルマパキスタンが加わって13カ国だった。その第1回会合は1946(昭和21)年2月26日に開かれる。アメリカは日本をアメリカ好みに仕立て上げたいと考えた。しかし極東委員会でソ連が異議を申し立てる前に、新生日本の基本構造を決めてしまおうとした。米国政府とマッカーサーは極東委員会が活動する前に、特高警察を解体し戦犯を逮捕し、公職追放を実施した。憲法に関しては、米国政府とマッカーサーは、占領のコストを節約するために天皇を残し、東京裁判天皇を引き出さないこと、すなわち天皇の免責を決めていた。
 しかし天皇免責となれば、ソ連や中国、豪州やオランダから猛反発をくうことは確かだった。そこで日本人の手によってうんと「民主的な憲法」をつくらせようとした。平和的な憲法を作ればソ連などの追及をかわすことができ、天皇制も温存できると考えた。
 ところが幣原内閣がまとめた憲法草案は大日本帝国憲法と代わり映えのしないものだった。マッカーサーは、これでは天皇の免責は不可能だと考えた。それで連合国総司令部は民生局に憲法草案を作らせた。
 井上は言う。「日本国憲法」の前文の冒頭は、「アメリカ合衆国憲法」の冒頭とよく似ている。「日本国憲法」の中には「パリ不戦条約」があり、「国連憲章」があり、「大西洋憲章」があり、「権利章典」があり、リンカーンの有名なゲティスバーグの名演説「人民の人民による人民のための政治」という民主主義の原則も入っている。これまでの人類がつかんだ、発見した、手に入れた、より人間らしく生きるために役立つ言葉を全部入れてある、と。
 本書はブックレットという小冊子でありながら、中味は濃くとても勉強になった。さすが井上ひさしだ。

 

 

 

二つの憲法――大日本帝国憲法と日本国憲法 (岩波ブックレット)

二つの憲法――大日本帝国憲法と日本国憲法 (岩波ブックレット)