橋本忍『複眼の映像』を読む

 橋本忍『複眼の映像』(文藝春秋)を読む。副題が「私と黒澤明」、名脚本家橋本忍が黒澤との映画作りを語っている。これがとても面白い。

 橋本は伊丹万作に師事し、伊丹が亡くなったあと、黒澤を紹介される。芥川龍之介の「薮の中」を脚本化して黒澤に見せると気に入られて、短いから長くするよう要求される。それで「羅生門」を合わせて、映画『羅生門』の脚本が完成し、黒澤が監督したその映画はヴェネチア映画祭で日本映画として初めての金獅子賞を受賞した。

 その後、黒澤、橋本に小國英雄を加えて『生きる』を書き、これもベルリン国際映画祭銀熊賞を受ける。次に作ったのが傑作『七人の侍』だ。その経緯が語られる。武士の一日を描き、最後に切腹する『侍の一日』が予定されていたのに、それが武士が昼飯を食べるかどうかで脚本が中断し、断念する。ついで企画したオムニバス映画『日本剣豪列伝』のシナリオを黒澤が読み、クライマックスだけでつないだ映画なんて間違いだったと取りやめる。

 剣豪列伝がポシャッタとき、黒澤が武者修行って何だったのかと問う。どうやって食べていたのかと。プロデューサーの本木荘二郎が、道場へ行って一手手合わせすれば晩飯と翌朝乾飯(ほしい)がもらえる。道場がなければ寺へ行けば飯と翌朝乾飯がもらえる。道場も寺もなければどうすると橋本が問うと、当時は治安が悪かったから百姓が雇ってくれると本木が答えた。橋本と黒澤は頷き合って、黒澤が「出来たな」と言った。『七人の侍』が誕生した。

 『七人の侍』について、Wikipediaには次のように書かれている。

本作は世界で最も有名な日本映画のひとつである。1954年の第15回ヴェネツィア国際映画祭では銀獅子賞を受賞した。国内外の多くの映画監督や作品に大きな影響を与えており、1960年にアメリカで西部劇『荒野の七人』としてリメイクされた。最高の映画のリスト(英語版)に何度も選出されており、2018年にBBCが発表した「史上最高の外国語映画ベスト100」では1位に選ばれた。

 橋本はその後も黒澤と何本か一緒に脚本を書くがあまり成功しなかった。橋本が外れて撮った『用心棒』『椿三十郎』『天国と地獄』『赤ひげ』が当りを取った。しかし、『影武者』『乱』は失敗だった。

 黒澤が君たちの時代が必ず来ると太鼓判を押したのが野村芳太郎だった。橋本の設立した橋本プロの第1回作品『砂の器』を撮る監督だ。その野村と橋本はスピルバーグの『ジョーズ』の試写を見る。二人とも出来の良さを実感した。そして野村の評した言葉。

 「橋本さん……これからスピルバーグの映画はもう見ることはないですよ」

 「え?」

 「映画の監督を一生やったって、そんなのは1本出来るかどうかですよ。だから彼には、この『ジョーズ』が最高で……これから先はなにを撮っても、これ以上のものはもう出来ませんからね」

 さて、本書は橋本忍による優れた黒澤明論だ。88歳の高齢でよくぞこんな優れた本を書いてくれたと思う。橋本は名脚本家だから最初から最後まで外さずに読ませる。見事なものだと唸った。ただ、脚本家なので欠点もある。人物が書きこめていないのだ。映画では監督や役者が人物を掘り下げる。脚本家はそこまで書きこんではいけないのだ。本書の中にも「ト書き」は短くするよう書かれていた。

 橋本の黒澤明評に従って、黒澤の映画を見ていこう。ちょうど国立映画アーカイブで、明日から「生誕100年 映画俳優三船敏郎」が始まる。『蜘蛛巣城』『用心棒』『七人の侍』『羅生門』『酔いどれ天使』が上映される予定だ。前売指定券が必要で当日券はないから注意。

 

 

複眼の映像 私と黒澤明 (文春文庫)

複眼の映像 私と黒澤明 (文春文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PARCELの森靖展を見る

 東京日本橋馬喰町のPARCELで森靖展「Ba de ya」が開かれている(11月8日まで)。森は1983年愛知県生まれ、2009年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻を修了している。2010年に山本現代で初個展、翌年横浜トリエンナーレに出品したが、今回が10年ぶり2回目の個展となる。

 ギャラリーには大きな木彫作品が展示されている。高さ4メートル、重量は3トンあるという。プレスリーの顔で胸に巨乳が付いている。何よりもその大きさに圧倒される。これが設置できるのだからギャラリーの空間も大きい。昨年オープンしたが、元はビルの立体駐車場だったという。

f:id:mmpolo:20200930212239j:plain

f:id:mmpolo:20200930212256j:plain

f:id:mmpolo:20200930212323j:plain

f:id:mmpolo:20200930212338j:plain

f:id:mmpolo:20200930212403j:plain

f:id:mmpolo:20200930212424j:plain


 この大きな作品のほかにも、大小さまざまな作品が展示されていた。それらを展示できる広いスペースがこの新しいギャラリー空間の特徴でもある。

     ・

森靖展「Ba de ya」

2020年9月26日(土)-11月8日(日)

14:00-19:00(金・土は20:00まで)月・火・祝日休廊

     ・

PARCEL

東京都中央区日本橋馬喰町2-2-1 DDD 1F

http://parceltokyo.jp/

※JR 馬喰町駅 C4出口すぐ、JR 浅草橋駅東口 徒歩5分、都営浅草線浅草橋駅A2出口 徒歩5分

ギャラリーなつかの「たまびやき」を見る

 東京京橋のギャラリーなつかで毎年恒例の「たまびやき」展が開かれている(10月10日まで)。「たまびやき」は、毎年ギャラリーなつかで開かれる多摩美術大学工芸学科/陶/選抜作品展だ。今年は学部4年制が3人、大学院生が5人参加している。

 ところが今年は新型コロナウイルスの影響で学内に入れるのは大学院生だけ、学部生は学内に入れなかったので作品を作ることができない。それでマケットとプランだけの展示にんっている。

 まず大学院生5人の作品から見てみる。たまびやきの学生たちの作品は毎年多様で興味深い。

f:id:mmpolo:20200929222611j:plain

沈思思

f:id:mmpolo:20200929222658j:plain

沈思思

f:id:mmpolo:20200929222734j:plain

百崎優花

f:id:mmpolo:20200929222817j:plain

陳 怡恬(チン・イテン)

f:id:mmpolo:20200929223125j:plain

陳 怡恬(チン・イテン)

f:id:mmpolo:20200929223221j:plain

鄒英博(スウ・エイハク)

f:id:mmpolo:20200929223242j:plain

鄒英博(スウ・エイハク)

f:id:mmpolo:20200929223321j:plain

安田昂史

f:id:mmpolo:20200929223408j:plain

安田昂史


 学部生3人はマケットとプランでの参加でさぞかし悔しいだろうと思われる。

 

f:id:mmpolo:20200929223504j:plain

大沢日向・マケット

f:id:mmpolo:20200929223534j:plain

大沢日向・プラン

f:id:mmpolo:20200929223617j:plain

井上菜々子・マケット

f:id:mmpolo:20200929223704j:plain

井上菜々子・プラン

f:id:mmpolo:20200929223746j:plain

榛・マケット

f:id:mmpolo:20200929223903j:plain

榛・ドローイング

f:id:mmpolo:20200929223935j:plain

榛・プラン

 今年も楽しい作品が並んでいる。

     ・

「たまびやき」

2020年9月28日(月)-10月10日(土)

11:00-18:30(土曜日は17:00まで)日曜休廊

     ・

ギャラリーなつか

東京都中央区京橋3-4-2 フォーチュンビル1F

電話03-6265-1889

http://gnatsuka.com/

 

 

ギャラリー川船の「特別入札展示会」が始まった

 東京京橋のギャラリー川船で「特別入札展示会」が始まった(10月3日まで)。

 入札の方式は「二枚札方式」、これは入札カードに上値(上限)と下値(下限)の二つの価格を書いて入札するもの。

 他に入札者のない場合は下値で落札する。

 上値が同額の場合には下値の高い入札者が上値で落札する。上値と下値の間に他の入札者が入った場合には、上値の高い入札者が上値で落札する。

 上値、下値が同額の場合は抽選となる。

 落札価格に別途消費税がプラスされる。

 なお、最低価格が設定されているので、その価格から入札することになる。成行は5,000円から、入札の最小単位は100円となっている。

f:id:mmpolo:20200928221409j:plain

f:id:mmpolo:20200928221426j:plain

f:id:mmpolo:20200928221443j:plain

 安いものは成行の5,000円から、高額のものは草間彌生のかぼちゃの版画が450万円からと、萬鐵五郎の油彩が350万円から、前田寛治の油彩が160万円からあたり。ほかに古茂田守介のデッサンや赤瀬川原平リトグラフ、山下菊二のガッシュ、愛知トリエンナーレで話題になった大浦信行の「遠近を抱えて」、作家の島田雅彦のプロモーション零円札などもある。小山田二郎の油彩、村上肥出夫の25号の油彩なども並んでいた。久保守のデッサン帖や水彩など一山で5万円からというのもあった。全部で134点が並んでいる。

 10月3日土曜日の午後1時に入札締め切り、同3時より開札となっている。

 ギャラリー川船のホームページには134点の作品リストと画像、最低価格が載っている。

     ・

「特別入札展示会」

2020年9月28日(月)-10月3日(土)

11:00-18:00(最終日13時まで)

     ・

ギャラリー川船

東京都中央区京橋3-3-4 フジビルB1F

電話03-3245-8600

http://www.kawafune.jp/

 

蔭山宏『カール・シュミット』を読む

 蔭山宏『カール・シュミット』(中公新書)を読む。副題が「ナチスと例外状況の政治学」というもの。ナチスの独裁思想を擁護したワイマール期の最右翼の政治学者。ナチの御用学者。その独裁の政治思想ってどんなものなのだろう?

 シュミットは例外状態を重視する。政治的な例外状態とは、現行の法秩序が停止され、そこに無制限の権限が発生していることだ。現行の法秩序の停止という例外状況といえども、法秩序ではないにしろ、秩序は存在している。法は後退しても国家は存続しているから。国家の存立は法規の効力より優越している。国家が存立しているということは政治的な決定がなされていること、それをなしうる主権者が存在することを意味する。その際「決定」はいかなる規範にも拘束されておらず、本来の意味で絶対的なものになり、国家はその権利に基づき法を停止することができる。シュミットにとって国家の存立こそが第一義的に重要であり、国家形態や憲法は副次的な意義をもつものだった。

 いかなる秩序も、法秩序といえども、規範に基づくものではなく、決定に基づいている。規範や法は安定的秩序をもつ正常状態を前提として、はじめて有効になる。法や規範が意味をもつには、正常な状態が実際に存在していなければならず、この状態が存在しているか否かを、また存在していない場合どうすべきかを明確に決定する者、それが主権者だった。主権者とは強制ないし支配の占有者としてではなく、何よりも決定の専有者として、法律学的に定義されねばならない。

 19世紀前半のヨーロッパは自由主義的な議会主義的立憲主義によって統治されていたが、社会主義アナーキズムなどが台頭し、議会主義を廃棄しようとしていた。議会主義は当初、自由に意見を述べあう討論の過程で、「真理」なり「正しさ」を明らかにする制度として正統化されたが、次第に理念は実態とかけ離れ、諸々の利害を調停し均衡をはかる制度に変貌していく。それに対して最もラディカルな批判を展開したのが独裁の思想だった。

 独裁の思想は、議会主義の媒介や調停の立場、つまり均衡の立場を、決断を欠いた偽りのものであり、根本的解決にはならないと否定し、それと正反対の立場に立つ。複数の議論を尊重し互いに討論するのではなく、問答無用の一義的な「断定性」の立場を支持する。そのような立場は直接的なものだけに確実性の感覚は増大するものの、その立場を貫徹すると、「流血の決闘」にいたるしかなく、最終的には敵対者を断固として排除する独裁体制に行きつく。

 議会主義と独裁は等価的であるが、議会を通さない、人民の歓呼を基礎になされる独裁政治の方が、議会よりも重要な政治問題について迅速な決定を下すことができる。このような論拠に立ってシュミットは独裁政治を肯定し、議会主義の批判という観点から同時代の独裁思想に注目する。

 シュミットははじめナチには批判的だったが、ヒトラー政権が成立すると、シュミットもナチスに入党し、従来の著作の新版を出すに際して新体制にそぐわない箇所の削除や修正をして身の安全を図った。またナチス体制を理論的に正統化する著書を発表し、ナチの「桂冠法学者」としての地位を確立した。

 しかし、「レーム事件」でヒトラーが党内外の不穏分子を粛清したとき、古くからの盟友だった突撃隊SAの指導者レームとその一派など、多数の人物を殺害した。シュミットがかつて連携を目指したことのあるシュライヒャーらも粛清され、身の危険を感じた。シュミットはレーム事件を正当化した小論を発表する。しかしシュミットは1937年以降「御用学者」の第一線からは退いていった。

 戦後シュミットはアメリカ軍に逮捕されたが、尋問担当者はシュミットの理論や経歴についての理解が足りず、不起訴になって釈放された。

 蔭山は本書をシュミットの著作に沿って解説し、その政治思想に関する入門書となるよう意図しているという。同時に蔭山のシュミット論であり、かなり難解な内容になっている。読み終えるのにふだん読む新書の2~3倍の時間がかかってしまった。

 だが独裁の政治思想という今まで考えても来なかった思想の一端を知ることができた。シュミットの『政治的なものの概念』(未来社)は40年ほど前に買って一度読んでいる。もう一度読み直してみようか。