長谷川義史『絵本作家のブルース』を読む

 長谷川義史『絵本作家のブルース』(読書サポート)を読む。長谷川が季刊雑誌『この本読んで!』の巻頭に見開き2ページで連載しているものを単行本化したもの。B5判の大型本で、季刊だから年に4回発行、33回までが収められている本書は8年以上連載したことになる。
 最初にエッセイが載っていて、長谷川は高校を卒業して家でイラストを描いていた。イラストレーターの会社の人からグラフィックデザインも勉強した方がいいと言われて、有名なグラフィックデザイナーのデザイン事務所にもぐり込む。そこがブラックデザイン事務所だった。給料はむちゃくちゃ安い。福利厚生は一切ない。毎日家に帰れない。先生(社長)が夕方から打ち合わせと称して飲みに行く。酔っ払って帰って来て、それまでやってた仕事に駄目を出す。そっから夜中までやり直させられる。先生が夕方出かける時に、「今日はパン買うときや」と言うのは夜食ということで、今夜も家に帰れないと。
 そのうちそのデザイン会社が倒産する。次にちゃんとしたデザインプロダクションに入るが、奥さんが早く勤めを辞めて絵に専念しろと言う。彼女はイラストレーターとして活躍して、しっかり稼いでいたから。
 ポスターの仕事がフリーの編集者の目に留まって紆余曲折の末絵本作家になる。

f:id:mmpolo:20200126231553j:plain

f:id:mmpolo:20200126231611j:plain

 さて、本文の見開きのページだけど、私はドンキみたいだと思った。ドンキホーテの過剰な小商品陳列を連想した。手書きでエッセイが書かれ、その上に大きく挿絵のイアラストが描かれている。左端に5コママンガ「コマった人々」が置かれ、その下に長谷川のプロフィールが連載されている。下端に新刊予告が、右端にも1行なにやら書かれている。
 いや、なかなか面白い内容だ。長谷川の絵本はすでに70冊を超えているという。何か1冊読んでみたい。

 

絵本作家のブルース

絵本作家のブルース

  • 作者:長谷川義史
  • 出版社/メーカー: 読書サポート
  • 発売日: 2018/12/19
  • メディア: 単行本
 

 

東京ステーションギャラリーの坂田一男展「捲土重来」を見る

f:id:mmpolo:20200125212659j:plain

 東京ステーションギャラリーで坂田一男展「捲土重来」が開かれている(1月26日まで)。ちらしの文章を引く。

キュビスム以降の抽象絵画の展開を核心で理解し、その可能性を究極まで押しすすめた画家坂田一男(1989-1956)。世界的にも稀有な高い次元に到達していた坂田一男の仕事の全貌を展示し、その絵画に織り込まれた世界の可能性をひもときます。
(中略)本展は、近代美術史を精緻に解析し、その可能性の再発掘と刷新に挑む造形作家の岡崎乾二郎氏を監修者に招き、〈現在の画家としての〉坂田一男の全貌を提示するはじめての展覧会となります。(後略)

 この坂田一男展についてはポスターなどで見ていてさほど関心を引かれなかったが、岡崎乾二郎が監修したとあって興味を持った。それで最終日の1日前に出かけてみた。「世界的にも稀有な高い次元に到達していた坂田一男」とある。

f:id:mmpolo:20200125212745j:plain

 上にちらしの裏面の画像を示した。左上の作品は渡仏直後のものでピカソやブラックなどの影響を示した典型的なキュビスムの作品だ。その右は作品の解説では、フラスコとか手榴弾を描いているのではないかと書かれ、内と外の空間が描かれていて、手榴弾なら爆発によって外の空間を破壊するというような記述があった。
 さて、世界的にも高い次元に到達というのが分からなかった。マチエールがきれいじゃないのは平面作品の物質性にこだわっているのだろうか? 分からない。
 美術館でポルトリブレの画廊主平井勝正さんに会った。平井さん、この作家知ってました? 知らなかった。でもこの作家好きでしょ? 好きです。そんな会話をした。好きな人と嫌いな人に分かれるようです、と。
     ・
坂田一男展「捲土重来」
2019年12月7日(土)―2020年1月26日(日)
10:00-18:00(金曜は20:00まで)月曜休館
     ・
東京ステーションギャラリー
東京都千代田区丸の内1-9-1
電話03-3212-2485
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

 

 

hinoギャラリーの多和圭三 多摩美術大学退職記念展を見る

 東京八丁堀のhinoギャラリーで多和圭三 多摩美術大学退職記念展が開かれている(2月15日まで)。多和は1952年愛媛県生まれ、1978年日本大学芸術学部美術学科彫刻専攻卒業、1980年日本大学芸術学部芸術研究所修了、2009年多摩美術大学彫刻科教授就任、そしてこの3月で多摩美術大学を退職することになった。
 手前の部屋に旧作が、奥の部屋に3点の新作が展示されている。新作から見る。いずれも今まで制作した鉄の作品の端材を溶接して使っている。一番大きい茶色く錆びているような角型の作品は800~900kgあるという。それより小さいラグビーボールを半分に切ったような形の作品が2点。いずれも底は磨いて鏡面仕上げになっているという。地面際を覗くとわずかにアールを描いていて、鏡面の端が覗いている。

f:id:mmpolo:20200124205747j:plain

f:id:mmpolo:20200124205806j:plain

f:id:mmpolo:20200124205825j:plain

f:id:mmpolo:20200124205841j:plain

f:id:mmpolo:20200124205856j:plain

 旧作では鉄の作品とともに大谷石の作品が展示されていた。多和の作品は寡黙でありながら芯に強い主張が秘められている印象がある。どこか虐げられた民族が不屈の思いを秘めているような。つまり多和の作品は一見ミニマルに見えてミニマルではないのだ。

f:id:mmpolo:20200124205921j:plain

f:id:mmpolo:20200124205937j:plain

f:id:mmpolo:20200124205950j:plain

 寡黙な印象を持った魅力的な作品だ。
     ・
多和圭三 多摩美術大学退職記念展
2020年1月20日(月)―2月15日(土)
11:00-19:00(日曜・祝日休廊)
     ・
ヒノギャラリー
東京都中央区入船2-4-3 マスダビル1階
電話03-3537-1151
http://www.hinogallery.com
JR線・地下鉄日比谷線「八丁堀」駅A2番出口より徒歩5分
地下鉄有楽町線新富町」駅7番出口より徒歩5分

 

道浦母都子『無援の抒情』を読む

 道浦母都子『無援の抒情』(岩波同時代ライブラリー)を読む。感動して読み終わって、いくつか知っている歌やエッセイがあるのはどこで知ったのだったのかと考えていた。念のためにこのブログを検索したら4年前に読んで感想をアップしていた。すっかり忘れていて情けない。
 4年前の記事も参照しながら再度紹介する。
     ・
 道浦は1947年生まれ、私より1歳上の学生運動の闘士で歌人だ。70年安保のころで、仲間の闘士が東大闘争で逮捕されている。運動が終わったあと、当時を思い出しながら回想という形でなくリアルタイムで歌うという形式で短歌を詠んでいる。「無援の抒情」(完本)より、


催涙ガス避けんと密かに持ち来たるレモンが胸で不意に匂えり
ガス弾の匂い残れる黒髪を洗い梳かして君に逢いにゆく
夜を徹しわが縫いあげし赤旗も故なき内ゲバの血に染まりゆく
ビラ一枚見出すことなきわが部屋に五人の刑事苛立ち満ちる
嘔吐して苦しむわれを哀れみて看守がしばし手錠を解きぬ
売春の少女は最後に残されて週に一度の入浴終わる
「インバイ」と少女を一日蔑みしスリの女をひそかに憎む
いつになく微笑み浮かべ扉を開けし看守が不意に釈放告ぐる
君のこと想いて過ぎし独房のひと日をわれの青春とする
釈放されて帰りしわれの頬を打つ父よあなたこそ起たねばならぬ
炎あげ地に舞い落ちる赤旗にわが青春の落日を見る
少女のようなお前が離婚するのか老いたる父がひとこと言いぬ
みたるものみな幻に還れよコンタクトレンズ水にさらしぬ


 そして「無援の抒情」以降の歌から、


私だったかもしれない永田洋子 鬱血のこころは夜半に遂に溢れぬ
自らを苛(さいな)むためにうたうこの愚かさもわれゆえのもの
退散へ虚無へと傾(なだ)れゆきたきをあやうく支えしわがうたならば
如月の牡蠣打ち割れば定型を持たざるものの肉柔らかき
おみなとは肉やわらかくひたすらの鋼(はがね)のごとき意志と思うも
降る雪に燈架のごとく立ちつくす銀の水木(みずき)を己れと思う
全存在として抱かれいたるあかときのわれを天上の花と思わむ


 前回は、「本書を読んでいて声をあげてしまうのを抑えられなかった。家に猫しかいなくて良かった」と書いたが、その猫も19歳で、脚が動かなくなり寝たきりでいる。窓の外は冬の雨が静かに降っている。道浦と同じ頃早稲田で学生運動していた津田はその後女性関係で悩み自死した。静岡で学生運動していた原和は運動を離れ、麻雀と碁に明け暮れて大学を中退し、生涯土方をして(碁とパチンコに熱中し)アル中になって自死した。札幌で学生運動していた小池は大企業に入って最後はNo.2になったが、退職後肺癌で亡くなった。もう友人たちの半分は亡くなってしまった。

 

 

無援の抒情 (岩波現代文庫)

無援の抒情 (岩波現代文庫)

 

 

 

新装版 無援の抒情

新装版 無援の抒情

  • 作者:道浦 母都子
  • 出版社/メーカー: はる書房
  • 発売日: 2015/11/30
  • メディア: 単行本
 

 

中和ギャラリーの柴田和×池田孝友 二人展を見る

 東京銀座の中和ギャラリーで柴田和×池田孝友 二人展が開かれている(1月25日まで)。柴田は1934年生まれ、帝国美術学校(武蔵野美術大学の前身)を卒業。1960年代、美術グループ乱立の時代はネオ・ダダのメンバーらとも一緒に活動していた。1963年、最後の読売アンデパンダン展で出品拒否を受ける。翌年から空間創りを街中に移し、環境美術の提唱者となる。しかし、大阪万博前後から渓流釣りのフライフィッシングにのめりこんでいく。それが20年前後も続いた。その間もデザインと設計建築の会社を経営し、シバ・アートというギャラリーも開いていた。しばらく作品の発表からは遠ざかっていたが、ここ数年来再び都内のいくつもの画廊で個展を始めている。
 もう一人の池田は1979年大阪府生まれ、大阪で活動しているが、中和ギャラリーでも何度か個展を開いている。今回は画廊主の企画でこの二人展となった。
 まず柴田のテキストから、

「無彩色の空間いろいろ(ヒモ、繋ぐ)」

 

小生は以前からグレーを中心に無彩色の空間を創っていた。作品より無彩色の影の方がより実態らしい!という考え方だ。フランスの美術雑誌社も”日本の影法師作家だ!”なんておだてて特集を組んだりしてくれた。
今回はそんな色具合(無彩色)のみを使い、アートとデザインのコラボみたいにやってみた。両者が概念として落ち合う視覚面でモノをみいだすように……何パターンかで試みた。

f:id:mmpolo:20200122221849j:plain

f:id:mmpolo:20200122221906j:plain

f:id:mmpolo:20200122221921j:plain

f:id:mmpolo:20200122221941j:plain

f:id:mmpolo:20200122222001j:plain

f:id:mmpolo:20200122222023j:plain

f:id:mmpolo:20200122222041j:plain

f:id:mmpolo:20200122222101j:plain

 柴田は箱の作品を作っている。箱のアートといえばコーネルを思い出す。しかしコーネルの神経質さは柴田にはない。柴田は本質的にユーモアがある作家だ。ユーモアを標榜するのではないが、自然に作品に現われてしまう。おそらく作家としての資質に関わっているのだろう。もう一つの特筆がシュールレアリスムではないだろうか。互いに無関係なものの組み合わせで、新しい世界を生み出している。
 だが、柴田の本領は画廊に収まらない巨大な造形なのだ。画廊に並んでいるのはそれらのマケットなのだろう。機会が与えられれば柴田は街中に大きな造形を展示するだろう。今年86歳になるが、100歳まで生きると言いきっている柴田にそれだけのエネルギーはあるはずだ。もっとも今年の春には柴田を中心とした野外の大きなプロジェクトが計画されているらしい。今年も柴田の動向に注目したい。
 もう一人の作家池田孝友の作品を以下に紹介する。

f:id:mmpolo:20200122222126j:plain

f:id:mmpolo:20200122222144j:plain

f:id:mmpolo:20200122222159j:plain

f:id:mmpolo:20200122222225j:plain

f:id:mmpolo:20200122222237j:plain

     ・
柴田和×池田孝友 二人展
2020年1月20日(月)―1月25日(土)
12:00-19:00(最終日17:00まで)
     ・
中和ギャラリー
東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル3階
電話03-3575-7620
http://www.chu-wa.com