山本浩貴『現代美術史』を読む

f:id:mmpolo:20191115143655p:plain

 山本浩貴『現代美術史』(中公新書)を読む。これがとても素晴らしい。副題が「欧米、日本、トランスナショナル」となっていて、欧米の現代美術にも詳しく、日本の現代美術の扱いも驚くほど詳細に目配りしている。履歴を見ると33歳の若手研究者で、一橋大学社会学部を卒業したあとで、ロンドン芸術大学で学び、その研究センターに博士研究員として在籍、韓国光州のアジア・カルチャー・センターでのリサーチ・フェローを経て、現在は香港理工大学デザイン学部ポストドクトル・フェローとある。
 大きな構成として「欧米編」「日本編」「トランスナショナルな美術史」からなっている。欧米編ではランド・アートが語られ、ハプニング、フルクサスヨーゼフ・ボイス、シチュアショニスト・インターナショナル、リレーショナル・アート、ソーシャリー・エンゲージド・アート、コミュニティ・アートが紹介される。私には初めて聞く単語も多く、これが最先端かと教えられた。
 日本編では、九州派、具体美術協会、万博破壊共闘派、ハイレッド・センター、もの派、美共闘ダムタイプ、シミュレーショニズム、アーツ千代田3331などが取り上げられている。日本のアート・プロジェクトに「政治的メッセージや社会批評的視点を明確にした表現が少ない」ことを指摘し、

起源としての野外美術展が「社会的な文脈との接続というよりは、美術館の延長線上としての」空間的探究からなされたため、現在のアート・プロジェクトでも「社会的な文脈よりも空間的な文脈」が重視される傾向があると加治屋健司は主張します。

 トランスナショナルな美術史で、「国民国家を前提とした「ナショナル・ヒストリー」が自明のものとされ、国境線を越える存在はその「歴史」から除外されてしまうのです」と書く。そして戦後、差別に抗する芸術が登場し、フェミニズムやブラック・アートが台頭する。
 日本の事例として2016年に作られた小泉明郎の《夢の儀礼―帝国は今日も歌う―》が取り上げられ、高嶺格の「在日シリーズ」、神楽坂のギャラリーeitoeikoでの「在日・現在・美術」(2014年)が紹介されている。日本の戦争画では藤田嗣治と並べて、昨年発表された風間サチコの《ディスリンピック》が取り上げられるという新しさだ。
 わずか33歳という若く優れた現代美術史家の登場を喜びたい。

 

 

 

 

櫻木画廊の杉原民子展を見る

 東京上野桜木の櫻木画廊で杉原民子展が開かれている(11月24日まで)。杉原は佐賀県出身、東京オリンピックの年に生まれたという。1998年以来、OギャラリーUP・SやギャラリーTEMS、Shonandai My ギャラリーなど多くのギャラリーでもう20回近く個展を開いている。
 杉原はドローイング作品を出品している。私は杉原のモノクロのドローイングが好きだ。しばしば野生の動物を描いている。犬か馬の頭蓋骨を描いたものや、大木に群がる小鳥たち、寄り添う親子の馬、鹿など。正確には何が描かれているのか分からないものもあるけど、それも変わらず魅力的なのだ。

f:id:mmpolo:20191114201049j:plain

f:id:mmpolo:20191114201102j:plain

f:id:mmpolo:20191114201119j:plain

f:id:mmpolo:20191114201140j:plain

f:id:mmpolo:20191114201154j:plain

f:id:mmpolo:20191114201232j:plain

f:id:mmpolo:20191114201248j:plain

f:id:mmpolo:20191114201305j:plain

f:id:mmpolo:20191114201318j:plain

 カラーのドローイングも何点か展示されているが、私にはそれらの面白さがよく分からない。
     ・
杉原民子展
2019年11月12日(火)―11月24日(日)
11:00−18:30(最終日17:30まで)11月18日休廊
     ・
櫻木画廊
東京都台東区上野桜木2-15-1
電話03-3823-3018
https://www.facebook.com/SakuragiFineArts/
JR日暮里駅南口から谷中の墓地を通って徒歩10分
東京メトロ千代田線千駄木駅1出口から徒歩13分
東京メトロ千代田線根津駅1出口から徒歩13分
SCAI THE BATHHOUSEの前の交番横の路地を入って50mほどの左側

 

ガルリSOLのコミタク個展を見る

 東京銀座のガルリSOLでコミタク個展「TOY BOX」が開かれている(11月16日まで)。本名小見拓、1991年新潟生まれ、2017年武蔵野美術大学造形学部彫刻学科を卒業、2019年東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻を修了している。2014年ギャラリー檜で初個展、以来いりや画廊などで個展を繰り返してきた。

f:id:mmpolo:20191113232644j:plain

f:id:mmpolo:20191113232658j:plain

f:id:mmpolo:20191113232712j:plain

f:id:mmpolo:20191113232726j:plain

f:id:mmpolo:20191113232738j:plain

f:id:mmpolo:20191113232750j:plain

 画廊の中央に大きな立体が設置されている。1辺が52cmの正四面体のユニットを連結して増殖させている。金属製かと思ったら木製とのことだった。画廊で組み立てたのだという。
 壁面にはドローイングが並んでいる。3面の壁に展示してあるが、額に入っていないものの方が面白かった。
     ・
コミタク個展「TOY BOX」
2019年11月11日(月)-11月16日(土)
11:00-19:00(最終日17:00まで)
     ・
GALERIE(ガルリ)SOL
東京都中央区銀座1-5-2 西勢ビル6F
電話03-6228-6050
http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/

 

ギャラリイKの戸張花と巷房2の柴崎和也展を見る

 東京京橋のギャラリイKで「磨。溶。繋。」が、同じく銀座の巷房2で柴崎和也展が開かれている(どちらも11月16日まで)。
 「磨。溶。繋。」は伊東杏吏、戸張花、村上直樹が鉄の立体を展示しているが、ここでは戸張を取り上げる。戸張花は1993年東京都出身、2016年に多摩美術大学美術学部彫刻学科を卒業し、2018年に同大学大学院美術研究科彫刻専攻を修了している。2017年にギャラリイKで初個展。戸張は細い鉄棒を少しずつ溶かして溶接し成形している。それで表面がごつごつしている。

f:id:mmpolo:20191112070438j:plain

f:id:mmpolo:20191112070453j:plain
 こちらは溶接して細い鉄棒を作りそれを組み立てて溶接したもの。上記の作品より前に採用していた手法だが、今回新しく制作したものだという。造形的にはきれいな作品に仕上がっている。

f:id:mmpolo:20191112070514j:plain

 壁に掛けられていたぶっきらぼうな作品は、溶接の折りに垂れた鉄を再度溶接して作品化したものらしい。3種類の作品のなかで最もミニマルで、他の作品との比較で面白かった。

f:id:mmpolo:20191112070533j:plain

     ・
 巷房2の柴崎和也は1982年、大阪府出身、2012年に多摩美術大学大学院美術研究科を修了している。2010年にギャラリー檜B・Cで初個展。その後ガレリア・グラフィカbisやギャラリー檜グループなどで個展を開いている。やはり鉄を溶接して作品を作っている。作品はしばしば穴=口があって空洞で、壺のようなイメージがあるが、壺のような実用性は全くなく、ユーモラスな形でごろんと転がっている。これで重量は70kgあるということだった。

f:id:mmpolo:20191112070605j:plain

f:id:mmpolo:20191112070618j:plain

f:id:mmpolo:20191112070631j:plain


 二人に共通するのは多摩美術大学で多和圭三の教えを受けていることだ。製法が似ているのはそのためだろう。
     ・
「磨。溶。繋。」
2019年11月11日(月)
11:30-19:00(最終日17:00まで)
ギャラリイK
東京都中央区京橋3-9-7 京橋ポイントビル4F
電話03-3563-4578
http://galleryk.la.coocan.jp/
     ・
柴崎和也展
2019年11月11日(月)-11月16日(土)
12:00-19:00(最終日17:00まで)
巷房2
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビルB1F
電話03-3567-8727
http://gallerykobo.web.fc2.com/

 

コバヤシ画廊の西成田洋子展「記憶の領域2019」を見る

 東京銀座のコバヤシ画廊で西成田洋子展「記憶の領域2019」が開かれている(11月16日まで)。西成田は1953年茨城県生まれ、1987年より東京、水戸、ニューヨークなどでもう30回以上も個展を開いている。作品は大きな奇妙な立体で、古着などを縫い合わせて造形している。

f:id:mmpolo:20191111215127j:plain

f:id:mmpolo:20191111215140j:plain

f:id:mmpolo:20191111215159j:plain

f:id:mmpolo:20191111215213j:plain

f:id:mmpolo:20191111215229j:plain

f:id:mmpolo:20191111215246j:plain


 古着のブラウスやブーツなど、素材としているのはボロ布やカバンなど、日常で使われていた古い捨てられていたような物だ。そんな負性をまとったものたちが西成田の手によって聖性を帯びた造形に変わっている。
 細部や小品の撮影に失敗して写真がブレてしまったが、使われている素材―靴とかシャツの袖とかが今までに比べて割合生な形で使われていた。にも拘わらず造形に違和感を感じさせなかった。いつもながら興味深い造形作品だ。
     ・
西成田洋子展「記憶の領域2019」
2019年11月11日(月)−11月16日(土)
11:30−19:00(最終日17:00まで)
     ・
コバヤシ画廊
東京都中央区銀座3-8-12 ヤマトビルB1
電話03-3561-0515
http://www.gallerykobayashi.jp/