落語

柳家小三治『ま・く・ら』を読む

柳家小三治『ま・く・ら』(講談社文庫)を読む。小三治の落語の枕を集めたもの。枕って落語のイントロの部分でふつうそんなに長くはない。不思議に思ったら、独演会などの小三治の枕は長くて何十分も喋っていることが多いらしい。その音源を集めて活字に起…