進化論

「福岡伸一の動的平衡」で語られた獲得形質の遺伝

朝日新聞に連載されている「福岡伸一の動的平衡」というコラムに獲得形質の遺伝について書かれている(2019年8月8日朝刊)。最初に「獲得形質は遺伝しない」。これは現代生物学の基本的原則である。しかしこれが、だった、と過去形に書き換えられつつある。…

本多久夫『形の生物学』を読む

本多久夫『形の生物学』(NHKブックス)を読む。カバーの内側の惹句を引く。 単細胞のゾウリムシから多細胞のヒトまで、生物は、今あるこの多様な形に、どうやってたどり着いたのか。本書では、多細胞生物の「袋」に着目し、生物体の内と外の境目について考…

池田清彦『ぼくは虫ばかり採っていた』を読む

池田清彦『ぼくは虫ばかり採っていた』(青土社)を読む。昆虫学者、進化論学者である池田の様々な発言を集めたエッセイ集。これが面白かった。iPS細胞のもたらす未来とか、クローン人間の未来予想図とか、性の決定が複雑なことなどを話題に取り上げている。…

池田清彦『進化論の最前線』を読む

池田清彦『進化論の最前線』(インターナショナル新書)を読む。聞きなれない新書だが、今年1月に創刊した集英社インターナショナルの新しい新書名だ。池田清彦は構造主義進化論を提唱している生物学者。本書は出版された月に購入したが、池田は地球が温暖化…

鈴木紀之『すごい進化』を読む

鈴木紀之『すごい進化』(中公新書)を読む。“「一見すると不合理」の謎を解く”というのが副題。著者は昆虫学者なので、昆虫の事例がたくさん紹介される。いずれもとても興味深い。 塚谷裕一が読売新聞に書評を書いている(7月16日)。 性の進化の問題とは…

木村資生『生物進化を考える』を読む

木村資生『生物進化を考える』(岩波新書)をやっと読む。分子進化の中立説を説いた進化論の大御所の本をようやく読んだ。発行されてから29年も経つ。評価の高い本だが、いままで敬遠してきた。ダーウィンの自然淘汰論やその後の総合説が気に入らなかったし…

千葉聡『歌うカタツムリ』を読む

千葉聡『歌うカタツムリ』(岩波科学ライブラリー)を読む。カタツムリという地味な生物を研究対象としている進化論の本だ。標題の所以は200年前ハワイの古い住民たちがカタツムリが歌うと信じていたことによる。19世紀の半ばハワイでのカタツムリの研究を通…

有田隆也『生物から生命へ』がすばらしい

有田隆也『生物から生命へ』(ちくま新書)を読む。副題が「共進化で読みとく」とあるように、著者は「共進化」という概念を使って生命を考える。共進化とは2種の生物間で、お互いに利用しあったり、一方が他方を搾取するなどの関係にある状況だと説明され…

いま、進化論のラマルク説はどう評価されているか

杉晴夫『人類はなぜ短期間で進化できたのか』(平凡社新書)と、更科功『化石の分子生物学』(講談社現代新書)を続けて読んだ。前者の副題は「ラマルク説で読み解く」であり、後者は「生命進化の謎を解く」という。 ダーウィン進化論が定説になっている現代…

奥野良之助「金沢城のヒキガエル」の進化論批判

今西錦司を読んで以来ダーウィンの進化論に疑問を持っていた。いまは総合説と言って突然変異と適応で説明されている。今西は競合でなく「棲み分け」を提案し、賢い蟻と愚かな蟻がいても踏みつぶされるときは一緒で、どんな個体が残っても種が存続するように…