2019-09-09から1日間の記事一覧

スタニスワフ・レム『ソラリス』を読む

SF

スタニスワフ・レム『ソラリス』(ハヤカワ文庫)を読む。沼野充義による新訳だ。旧訳もハヤカワ文庫だったが、飯田規和はロシア語からの重訳だった。『ソラリスの陽のもとに』という題名で1965年に訳出された。私も1970年代に読み、強烈な印象を与えられた…