言葉

ちょっと気になる言葉の使い方

たまたま目にしたSNSの掲示板に、ちょっと気になる言葉の使い方があった。 飼っている猫が太りすぎて、獣医からドクターストップがかかってしまったという。それで買いだめしておいたキャットフードが使えなくなった。「少し割高な未開封×××2kg2袋、○○7袋…

過度な敬語使用の弊害を憂う

最近過度な敬語の使用が目立つ印象がある。とくに職場での敬語や店の店員の使用する敬語が多すぎるように思う。上司が部下に敬語を使っている例さえまれではない。おそらく敬語使用に関して自信がないのではないか。過度に使うことで敬語を使わないミスを防…

片岡義男『日本語と英語』を読む

片岡義男『日本語と英語』(NHK出版新書)を読む。なかなか楽しかった。片岡は祖父がハワイの日系移民、父が日系2世で、少年時ハワイで過ごした経験があるという。幼い頃から日英の言語に親しみ、また二つの言語の微妙な違いにも関心を持ってきたようだ。日…

外国語の難しさ

朝日新聞2011年11月7日朝刊に、朝日の記者にもウイルスが組み込まれたメールが来たと紹介されている。北京駐在の峯村記者あてに、なりすましメールが来た。その一部、 峰村先生 先生の中国航空母艦についでのニュスを拝読したいことがあります。先生の頑張…

田中克彦「漢字が日本語をほろぼす」を読んで

田中克彦「漢字が日本語をほろぼす」(角川SSC新書)を読む。私は当用漢字などの漢字制限に反対で、安易に漢字を制限すべきではないと思っているから、このようなタイトルの本は手に取ることもしないのだが、著者が私がもっとも尊敬する言語学者の田中克彦さ…

「英語と日本語のあいだ」を読んで

菅原克也「英語と日本語のあいだ」(講談社現代新書)を読んだ。文部科学省が2013年から高校の英語教育を大幅に変えることを決めたという。新指導要領で名前を「コミュニケーション英語」に変え、会話を主体とし授業も英語だけで行うことにした。そのことを…

想定外とは

原発事故に関連して、「想定外」という言葉が聞かれる。それが何だかうさんくさい感じがする。なぜなんだろう。 日本語は主語を省くことができる。省いても誰の発言なのか普通はわかるだろう。その構造を利用して、本来必要なのにあえて「誰の発言なのか」を…

教えを乞う

どなたか教えていただきたいことがある。 もう10年来の疑問なのだが、「取りにうかがいます」という言い方について、その正誤を知りたい。 「〜うかがいます」だったら「頂きにうかがいます」ではないのだろうか。あるいは「頂きにまいります」とか、「頂き…