幽草の俳句

 幽草さんはわが義父、1924年生まれで早稲田大学在学中に学徒出陣で中国戦線に投入された。終戦後大学に戻り、卒業後長野県で教職に就いた。趣味で俳句を作り『天狼』に属していたが、『天狼』の終刊とともに結社に属することをやめ、個人的な集りでのみ発表していた。私宛の手紙にたまに俳句を書いてくれた。それを勝手にまとめてみた。なお本名は曽根原正次という。


浅春のセキレイメタボ釜飯屋      

女正月帰命頂禮嬶如来

溜息はつくまい負けまい寒波来      

夏祭お捻がとぶフラダンス

母の日や四たりの母と呼びし人

夏の蝶高くとべるが嬉しくて

いとおしや働きアリはみんなメス

老残と言っぱ樹上の裂け柘榴

蠟梅や庫裏の窓より漏るる湯気         

やはらかき掌(て)となり給ひ生身魂       

あの時とおんなじ部屋の吊忍       

復員や箸立つ雑炊熱かりき

昼ね覚めふっと悟りのごときもの      

羽子板も凧も床の間に飾られて

手を出さぬことが手伝ひ年用意         

おおくさめ侮りがたき肺活量

煤籠り出る幕なきも老の得

弾まねば弾まぬもよし年迎ふ

初鳩や止め石の縄解きたくて

ちゃんちゃんこ羽織れば忽ち昭和初期

座敷犬枯野を駆くること知らず        

寒葵嬌声浴びることもなく