椿近代画廊の天野裕夫展を見る

 東京日本橋の椿近代画廊で天野裕夫展「UTOX」が開かれている(5月25日まで)。天野裕夫は1954年岐阜県生まれ、1978年に多摩美術大学大学院彫刻科を修了する。椿近代画廊では2000年以来もう10回目の個展となる。そのほか各地の高島屋で個展を続けている。

「兎塔」


 タイトルの「UTOX」は兎塔を表わす。天野は4年前に120トンの倒れている巨木に出会い、兎塔の制作を決意する。昨年ウサギ頭部を作るための作業場を作った。

 今回展示されている兎塔は高さ133cmの大きさがある。

 その他、都内では特段に広い画廊に数多くの奇抜な作品が展示されている。

     ・

天野裕夫展「UTOX」

2024年5月13日(土)―5月25日(日)

11:00-18:00(日曜休廊)

     ・

椿近代画廊

東京都中央区日本橋室町1-12-15 テラサキ第2ビルB1F

電話03−3275−0864

http://www.tsubaki-kindaig.co.jp/

※中央通りを挟んで日本橋三越の反対側、本館と新館の間のむろまち小路を三越に背を向けて2区画進んだ左手。